プロフィール

Kaori Naka

Author:Kaori Naka
東インド古典舞踊オディッシーダンサー。オディッシーの中でも日本ではめずらしいデバプラサッドダスステイルを継承しています。
インド首都、デリー在住です。

仲 香織の詳しいプロフィール&
クラス情報を知りたい方はホームページを御覧下さい。→→→Debadhara HP

公演やWSのお知らせ→→→→HP Debadhara Yoga&Odissi

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Debadhara OdissiのBlog
・・・・・デリー在住の日本人インド舞踊家のたわいのない話。東インド古典舞踊やヨガ、おススメイベントや、日々の事をつづっています・・・・・・    ・・・たまに役立つインド情報満載!・・・    
初めてのホットヨガ
初めて、ホットヨガに参加しました。
前々から、今回の日本滞在でいろいろな体に関するクラスを試そうと決めていました。
一番受けたかったのはピラティスクラスです。
ちょうど近所のホットヨガでいろいろなクラスが受講出来るのをみつけ、参加してみました!

骨盤美人ヨガとか陰ヨガとバレエストレッチとか色々な名前がついているクラスは
それぞれの特徴がありどれも面白かったです。

久しぶりに教える側ではなく教えられる側で、本当に楽しかった♪
クラスの先生のそれぞれのキャラと声がけの一つ一つがとても興味深かったですね。
改めて声かけの重要性を実感しました。
一番お気に入りの声かけはこれ↓


「肩甲骨は骨盤と兄弟間接ですー」



(笑)ほんとに面白い^^言葉のチョイスも面白いし、ほんとかな。。
そして、その先生の最後の挨拶は
「ではインドの挨拶で終わります♪なますて~」



色々受講して一番よかったのは、やっぱりピラティスでした。
ベテランの先生は本当に知識豊富な方で素晴らしかったです。
声かけもわかりやすく、一切無駄がない。でも深い知識と経験と自信が感じられ安心して楽しく受講させて頂きました。

ピラティスは宗教的要素がいっさいなく、筋肉や体の構造に忠実に働きかけ、非常に信頼できると思いました。
ヨガの一歩間違えば、新興宗教と似る危うさとは全く異なり、ピラティスは治療の為につくられたものだそうで、
すごく科学的です。(もちろんヨガも科学的で体系化されている種類や要素もあると思います)

2017年の今年は体幹を鍛えようと目標をたてているので、そのスタートとしてピラティス入門はすごくよかったです。
また、初めて参加したホットヨガは汗が沢山出て、すっきりしました。
まさにインドにいるみたい!
たまにはいいものでした。

スポンサーサイト
Shivanandaマタニティーヨガ(インド、グルガオン)
プレグナンシーヨガ(妊婦用ヨガ)なるものに行ってみました。

インドは未だ、マタニティー産業はかなり遅れているように思えます。
妊婦と見られては恥ずかしいからドゥパタ(スカーフ)で隠さないと行けない、家にひっそりと過ごさないといけないというのが
まだまだインドの伝統だと思います。

そして、食べろ食べろと言う。体重コントロールという指導が一切無いような気がします。
体重が増えてないと、増えてないじゃないか!と怒られる始末です。

でも、それもゆっくりですが、変わって来ているような気がします。
医者は、毎日40分歩かないと行けないと言うし、おなかが大きい妊婦さんが
仕事を続ける光景も目にするようになって来ました。でも、もちろん、日本のように、おなかポコッ!って見せるような事はまだまだ、流石にないですが。。。



さて、マタニティーヨガ。
日本でも行った事がない私ですが、どうせ、ゆ~~たりしたヨガなんだろうと
高を括っていたのですが、意外とちゃんとしていてびっくりしました。
さすが、システマティックなオーガナイズされたシバナンダヨガ!と納得思いましたね。
日本でもこんなのなのかしら。。


参加者は、6人。当然皆さん妊婦です。
驚いたのは、出産予定日の1週間前の女性が一人いた事!
小相撲取り(失礼!)かと思うくらいの巨体で、きっと、帝王切開に間違いないなあと
思ってしまいましたが、でも、1週間前の身体で、インド人がアサナに取り組む光景は、
ちょっと、おーーーーと思いました!
ちなみに、インドではほぼ帝王切開が主流なのです。。


ヨガアサナには欠かせない、シャバアサナですが、その代わりに、“ベービークリシュナポーズ”をとります。横向きになり、股の間にクッションを挟み、リラックスします。これは、所謂、“シムスのポーズ”です。
アサナとアサナの間に、常に、このポーズをとって、休憩をとりながら、アサナを続けて行きます。太陽礼拝などもするのですが、御腹の圧迫がないように、工夫されたアサナに変更しています。なるほどねー。日本でも是非受けてみたいなあーー


10回で3500Rsだったかな。結構いいなあと思いました。続けてみようかしら。。。

ちょっと身体研究♪ピラティス&○○ヨガ
最近、時間ができたので、ちょっと研究しています。

まずピラティス!

ピラティスは以前、東京へ滞在した時、友だちの友だちがピラティスを教えているという事で、
ちょっと部屋で簡単にピラティスを教えてもらったきりでした。
それからずっと興味があったので、最近、近所のピラティス専門の教室へ通い始めました。
(渡印までしか出来ませんが。。)


体験して思った事は、ヨガとの共通点が全然ないなあーという事でした。
でも、ピラティスはシンプルで身体を鍛えるにはとても面白い!と思いました。
あと、メソットがとてもシンプルなので、無駄なもの(贅肉という意味ではなく、身体に対する意識:)
がそぎ落とされるような気がします。まだ、数回しか受講していないので、奥が深いだろうから、
きっと続けると、ヨガのようにもっともっと深~い魅力が見えてくるのでしょうね。。



そして、昨日は、ダーマヨガというものに挑戦しました。
ダーマヨガに興味があったから受けたというよりも、そのヨガのインストラクターの思想に
興味があったからです。ダーマヨガはとても激しいらしい。。という説明でした。そして、その方は、
瞑想にも深い興味がある。。。という事。

なんか共感出来ました。


私も静かなヨガと激しい踊りのミックスが好きです。
二つとも、「瞑想」だと思います。


さてさて、ダーマヨガ。とてもしんどかったけど、面白かったです。
OPENにしてOPENにして溶け合う。。。(みたいな事)を最後におっしゃっていて、
なるほどなーと思いました。


他に身体にかかわる事をされているスペシャリストに触れるとう事は本当に勉強になります。
たまには、こういう研究も大切だなあと思いました。

何が面白いか。
新しいジャンルも、○○ヨガとついているクラスも、それを考案した人とのコミュニケーションなんだなー
○○ヨガは、古典的ヨガではなくて、古典的ヨガを○○さんが解釈して、オリジナルに体系化して、
新しく創り上げている事が多いのです。

いろいろな人の解釈は、解釈のアプローチをひろげ、理解が深まるのではと思います。









5/6 参加者募集★ヨガニドラ ワークショップ@奈良
GW特別ヨガワークショップ♪♪


大感謝祭です。初心者や誰でも参加可能です。ヨガ初めての方も怖がらず、是非ご参加下さい。

簡単なアサナと少し大きな動きのアサナで、身体をほぐし、ゆっくりと瞑想しやすい身体をつくっていきます。
深い呼吸を意識し、身体を開いていきます。
そして、長めのヨガニドラで、リラックス&身体への深い気付きを目指します。

*ヨガニドラは、意識と無意識の間に身体をおき、深い瞑想状態の事で、
今回は、シャバアサナ(寝た状態)で行いますので、疲れません。イメージを誘導するような
言葉がけとともに、身体への気づきをうながします。特別な能力不要。誰でも簡単に体験できます。


*アロマやシンギングボール、そしてティンシャなども使用し、楽しく深い瞑想状態を目指します!




■日時:5月6日(日) 17時~18時

■場所:スタジオ52
   奈良市東城戸町52番地

アクセス:近鉄奈良駅徒歩6分 
*小西さくら通りを南へまっすぐ歩きます。椿井小学校の隣のスタジオです。


■Debadharaメンバー以外は、要予約です♪
debadhara@hotmail.co.jp 090-5131-1322

■参加費:2000円
*メンバーは、チケット1枚で参加可能です。


身体に愛を。
ヨガクラスの最後に、自分の手で自分の顔や身体をさわって、
いつもクラスを終えます。


ハタヨガの魅力は、身体に愛を感じることかな。。。
いつも感じることです。


いつも、自分の手で自分の身体を触るとき、と~~てもいとおしくなるのは、私だけでしょうか。
別に、自分の体形とか特別好きとか、そういう事ではま~たくありません。
むしろ、身体の見た目に関しては、コンプレックスありありですが、
まあ、そんな事は、考えても仕方がない事です。


そういう事ではなく、
身体は、有機体で、自然そのもので、コミュニケーションツールである事は間違いないと思っています。
身体を愛おしく思うのは、とっても自然な事です。