fc2ブログ
プロフィール

Kaori Naka

Author:Kaori Naka
東インド古典舞踊オディッシーダンサー。オディッシーの中でも日本ではめずらしいデバプラサッドダスステイルを継承しています。
インド首都、デリー在住です。

仲 香織の詳しいプロフィール&
クラス情報を知りたい方はホームページを御覧下さい。→→→Debadhara HP

公演やWSのお知らせ→→→→HP Debadhara Yoga&Odissi

カテゴリ

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Debadhara OdissiのBlog
・・・・・デリー在住の日本人インド舞踊家のたわいのない話。東インド古典舞踊やヨガ、おススメイベントや、日々の事をつづっています・・・・・・    ・・・たまに役立つインド情報満載!・・・    
10マハヴィディヤ(シャクティーの女神達)
mahavidhya.jpg

もうすぐまたドゥルガプージャの時期がやってきます。
今習っているマハヴィディヤについてちょっと勉強したいと思います。メモ代わり。

画像はWikipediaから。
Top row: Kali, Tara, Shodashi, Bhuvaneshvari, and Bhairavi
Bottom row: Chhinnamasta, Dhumavati, Bagalamukhi, Matangi, and Kamala

マハヴィディヤは10人の女性の神様でタントラの女神。
シャクティの10つの形です。 Devi-Bhagavata Puranaに記載されているそうです。

Top row: Kali, Tara, Shodashi, Bhuvaneshvari, and Bhairavi
Bottom row: Chhinnamasta, Dhumavati, Bagalamukhi, Matangi, and Kamala

💛カーリー神
時間を司る神様。真夜中の暗闇よりも真っ黒。過去、現在、未来を表す3つの眼を持つ。白く輝く牙のような歯、ぽっかりと開いた口。垂れ下がっている赤い血まみれの舌を出している。
乱れた髪の毛。虎の皮も身に着け、首にはがいこつの首飾りと赤いバラ。切断された腕と手をもつ。4つの手があり、2つはトリシューラをもち、2つは悪魔の頭を持つ。
💛ターラー神
タラは導き手であり守護者であり、救いを与える究極の知識を授けてくれる。あらゆるエネルギーの源です。太陽のエネルギーも彼女から発する。シヴァの母親として現れた。水色の肌をしています。髪を乱し、半月の冠をかぶり、3つの眼、のどには巻き付いた蛇、虎の皮をかぶり、がいこつの花輪。4つの手には、ハス、サーベル、悪魔の頭、ハサミ。左足にはシヴァ神。
💛ショーダシ神
3界の美である神。タントラパルバティもしくはモクシャムクタ。彼女は女神の永遠の最高の住まいの統治者。
溶けた金色の顔色。穏やかな3つの眼と表情。赤とピンクの服をきて、神聖な体と4つの手には装飾品。棒、蓮、弓、矢を持っています。バイラバの女性版。燃えるような赤い肌。
💛ブバネシュワリ神
世界の母の神、もしくは宇宙全体。
黄色か赤の服をきて、4本の手。
💛バイラビ神
猛戦士。バイラバの女性版。
髪の毛はお団子にまとめられ、三日月で飾られ、両側から2本の角。血まみれの口の端からは2本の牙。赤と青の服をきており、首にはどくろの花飾り。手足に宝石を身に着けているのはめったに見ません。
💛チナマスタ神
自ら首を切った女神。ジャヤとビジャヤ(ラジャスとタマスの比喩)を満足させるために、自らの首を落としました。赤い肌、恐ろしい外見。交尾中のカップルの背中にのっている。
💛ドゥナヴァッティ神
知識の神様。不細工で有名。肌はしわだらけ、口はドライ、歯のいくつかはなく、髪は白髪。怒り、虚しさ、恐怖、疲れ、空腹、渇望。
白い服を着て、未亡人。馬のない馬車にのる。
飢えをしのぐため、夫をシヴァ神の取られた。Dhumaとは煙の意味。カーリー神の年を取った姿とされることがある。
💛バガラムクティ神
敵を麻痺させる女神。溶けた金色の肌に輝く3つの眼。豊かな黒い髪と優しい肌。黄色の服を着ている。
💛マタンギ神
タントラサラスバティ。エメラルドグリーン。赤い服を着て、4つの手には、ビーナ、がいこつ、刀を持つ。
💛カマラットミカ神
タントララクシュミ。蓮の神様とされる。幸福、富、成功、名声や安全の神様。


スポンサーサイト



23年度勉強会 For Odissi dancerが始まりました💛
23年度勉強会 For Odissi dancerが始まりました💛

大ベテランのオディッシーダンサーから様々な方々の集まり。
とっても勉強になります!!勉強会以前のグループでの会話とか意見交換とか、とっても良い感じです。

benkyoukai1.jpg


ダンサーって踊りだけやっていたら良いわけでは全然なくて、もちろん知識もぐっと必要。
自分の勉強不足を痛感させてもらえる大変良い機会です!
感謝。感謝。

さらに良い勉強の場になりますように💛



オンライン勉強会23 For Japanese Odissi Dancer
odissi study group23


2023年8月から開講致します。
1年コースです。参加費1年間で1万円程度。
月1オンライン勉強会 For Odissi Dancer(日本人向け)



この勉強会は、オリッサ出身のオディッシーダンサーを講師に迎え、
オンラインで月1開催のオディッシーダンサー向けの勉強会です。
以下の1と2の分野を前半と後半で勉強していきます(計1時半くらい)
第三土曜日 JST11:30〜


1.インドの神様やジャガンナート神様についての理解を深める知識やそれに纏わる神話、オリッサの文化についてのお話。
オディッシーダンサーとして必要な知識と思います。


2.基本オリヤ語クラス (超初心者~中級程度ですが、基本みんな初心者)
「Oriya in small bites」をテキストとして、オリヤ文字は最終的に全員読み書きできる事を目指し、
さらに基本的なスポークンオリヤ語、オディッシーダンサーとして直面するだろうシーン別のオリヤ語をゆっくり勉強していきます。



「Abhinaya Chandrika and Odissi」の著者 Maya Dasさんにお会いしました。
現在勉強しているアビナヤチャンドリカのとても参考になる下の本の著者Maya Dasさんが
踊りの学校へレクチャーにやってきました。
こういう素晴らしい機会を無料であたえてくれるJyoti 先生にはちょっと、頭が上がりません。。。。

体調不良のせいか、全然質問とか用意していかず、後悔。。
謙虚で、でもめちゃくちゃ研究されているんとわかる、素敵な方でした。


mayadas2 book
mayadasu1.jpg




これは、アビナヤチャンドリカを書かれたもののコピーらしいです。
現在、これ1つか、もしかしたらもう1つあるくらいしか、現存が確認されていないらしいです。
ちょっと、感動して、鳥肌が立ちました。やぶれてて、テープで貼ってあるものが、ぽろっと剥がれて落ちて、、
ひやっとしました。こういうのって、日本だったら、手袋して、絶対誰にも触らせたらあかんやつやんと思いながら、
触らせてもらいました(笑)







Sattvikabhava
踊りの先生に、アビナヤの練習で、次は、サトビックバーバだ!って昨日言われた。
説明してもらったけど、正直分からない。意味を自分の中で何度もかみ砕いて、かみ砕いて、
それが自然と湧き出てくるって、言われた。そして、それが出た時に、確実に自分で理解するって。

なんだか泣きそうになった。

しかし、どうも出てこない。出てきていないみたい(笑)
意味を調べてみた。
やっぱり、無意識にあふれる感情みたいな感じかな?





Sāttvikabhāva (सात्त्विकभाव) refers to “involuntary state”, according to the Nāṭyaśāstra chapter 6.

There are eight kinds of sāttvikabhāva described:
stambha (paralysis),
pralaya (fainting),
romāñca (horripilation),
sveda (sweating),
vaivarṇya (change of color),
vepathu (trembling),
aśru (weeping),
vaisvarya (change of voice).



何度も、歌の意味を読み解いて、音楽を何度も聞いて、情景理解して、
その意味を感じて、考えて、感じて、、、
その繰り返しなのかなあ。。。。。。。。。。
全然上達しないです。