fc2ブログ
プロフィール

Kaori Naka

Author:Kaori Naka
東インド古典舞踊オディッシーダンサー。オディッシーの中でも日本ではめずらしいデバプラサッドダスステイルを継承しています。
インド首都、デリー在住です。

仲 香織の詳しいプロフィール&
クラス情報を知りたい方はホームページを御覧下さい。→→→Debadhara HP

公演やWSのお知らせ→→→→HP Debadhara Yoga&Odissi

カテゴリ

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Debadhara OdissiのBlog
・・・・・デリー在住の日本人インド舞踊家のたわいのない話。東インド古典舞踊やヨガ、おススメイベントや、日々の事をつづっています・・・・・・    ・・・たまに役立つインド情報満載!・・・    
Dance: Republic Day India インド共和国記念日 22.1月26日
1月26日 インドの共和国記念日。




Jana, Gana, Manaの歌は何度も聞いた事があるけど、1番とか2番とかが有名で、まったく今まで知らなかった
4番の振り付けを今回させて頂く機会を頂きました。
何とも光栄な。。

ラビンドラナート・タゴールの歌で、ベンガリ語なのかな。想像つく単語もあるけど、基本意味が分からない。
分かるダンサーに1つ1つ意味を教えてもらい、振り付けを考えました。
また、ビニヨグ(ムドラの活用)のアドバイスを頂き、色々修正、仕上がりました♪



タゴールさんって本当に、深くて、幅広い詩を書くと改めて感動。
いや、本当にすごい人だなあ。。
日本語訳したいけど、おこがましいので、以下の英語訳ご参照下さいませ。





The forgotten stanzas of Jana, Gana, Mana より拝借

Song
Ghoro Timiro Ghono Nibiro,Nishithey Peerito Murchhito Deshey
Jagrato Chhilo Tabo Abicholo Mangalo,Noto Nayoney Animeshey
Duhswapney Aatankey,Rokkhaa Koriley Ankey Snehamoyi Tumi Maataaa

Jano Gano Duhkho Trayako,Jayo Hey Bhaarato Bhaagyo Bidhaataa
Jayo Hey, Jayo Hey, Jayo Hey,Jayo Jayo Jayo, Jayo Hey

English
During the bleakest of nights, when the whole country was sick and in swoon
Wakeful remained Your incessant blessings, through your lowered but winkless eyes
Through nightmares and fears, you protected us on Your lap. Oh loving mother

Oh! You who have removed the misery of the people...
Victory be to you, dispenser of the destiny of India!
Victory to you, victory to you, victory to you...



スポンサーサイト



先生、18年もかかりました==Geeta Govinda 第四の歌==
インドに戻ってきました。
怒涛の2週間でした。最後は、記憶が無くなるくらい、なんだかばたばたしました。
戻ってきたデリーは週末外出禁止令、感染再爆発で、街は、閑散とした雰囲気です。
まあ、この寒い中のなんとも言えない、インドの暗さは、インドの冬にいつものイメージと言えば、
そんな感じではありますが。。




さて、私の一番最初の踊りの先生、野中みき先生に、いずれ必要になるからって、
インド留学の時に、頂いた本です。

geetagovinda4.jpg

これをまた開いて、勉強する時がやっと来ました。一応頂いた時も、全部読みましたが、全然入ってきませんでした(笑)


いやー。実に18年もかかりました(笑)

先生、18年もかかりました!苦笑だわ。。
遠回りしたのか、正しい道だったのか、今だから分かる事も沢山ある。
まあ人生楽しい。





『ヒンドゥー教の聖典 二篇 ギータ・ゴヴィンダ デーヴィ・マーハートトミヤ 
(小倉 奏 横地優子 訳注) 東洋文庫677』


第四の歌
『白檀の香る青黒いおからだには、黄色い衣と森の花の華鬘。
愛戯に揺れる宝石の耳飾りに飾られた両の頬には、微笑み。
愛くるしい女どもがなまめかしく浮かれ戯れるこの場所で、ハリ様はお楽しみ。』






この複雑な人生の大きなテーマをクリシュナやラーダやゴピを踊りで体現できるって、いやはや、
何とも凄い事ですね。いや、もっともっと勉強が必要です。



2022年も踊りにヨガに、スケートボードに走る抜けるぞーー
(え?スケートボード?はい。今年の目標の1つに入れました。この話、乞期待 笑)








2021年最後の練習@奈良合宿
2021年最後の練習が終わりました。
日本に一時帰国しております。

3日間の奈良合宿。とっても濃い3日間でした。
年末の忙しい中、どうもありがとうございました。

20last practice


次いつ日本に帰れるか、その時の全世界の状況がどうなっているのか分かりませんが、
とにもかくにも、素敵な振り付けをして、大きな一仕事が今年最後に終わり、ほっとしました。
いやー、みんなで踊りたいですねえ。

皆様、2021年ありがとうございました。
本当にいろいろあった1年でしたが、
それなりに、こつこつ頑張れた1年でした。
踊りもヨガも勉強も。
この調子で、毎年、毎月、毎日、こつこつ精進しながら生きていこうと思います♪




今年の大きな1歩
今年は踊り人生の中で大きな変化がありました。4年くらい随分悩んで決めた事でした。
本当に自分にとっては、大きな大きな一歩でした。


atarashiiippo.jpg



今デリーに住んでいますが、ノイダにいらっしゃるGuru Jyoti Srivastava習い始めたのでした。それはそれは大きな決断で、
グルジからはもう勘当されてしまったようです。
大きな失恋のような胸がぎゅっと締め付けられる思いでした。


No Complain, No regret but i feel just sad.
仕方ない。後悔もない。ただただ悲しい。
でも、もう何年もオリッサに行って、グルジの元で習えていないし、恐らく今後も
この状況は続くと思う。成長出来ていない自分を感じるのも嫌だし、自分の決断は正しいと思いたい。Jyoti先生に今朝、
その事を告げると、

“ Always keep in your mind that its not me or you. It’s planned by almighty only.
“これは、私は、あなたの選択ではなく、全てダルマの、神様の決めた事”

正直、彼女に習い始めて、私のモノクロの踊りのノートにまたカラーが付き始めた感じ。
年齢にあった踊りがあると思う。今この年齢のこのタイミングで彼女に習い始めた事は、
確かに、その意味があるんだと思う。







DURGA ドゥルガを感じて
durgaUntitled.jpg
Picture courtesy: Pinterest/fineartamerica.com

ここ3カ月ほど、ドゥルガの演目をメンバーで練習しています。
Wikipediaを見ると、
「ドゥルガー(サンスクリット語: दुर्गा, Durgā)は、ヒンドゥー教の女神である。その名は「近づき難い者」を意味する。
デーヴァ神族の要請によってアスラ神族と戦った。シヴァ神の神妃とされ、パールヴァティーと同一視された」

とあります。アシュラとの戦いの話が有名で、そのために、神々から武器を授かったと言われています。
以下、Wikipediaより拝借。


durgabuji.jpg


踊りの練習をしていると、それぞの神様になれるので、凄い楽しいですね。
俳優が、色々な役になれるのが魅力って、誰かが言ってたけど、踊り手も、その神様になれる、
もちろん慣れないけど、十分その神様を全身全霊で感じる事ができるのは、
本当に、素敵な事!!


ちなみに、ドゥルガはコルカタあたりでは本当に信仰者が多く、ドゥルガプージャーにコルカタ最大の
お祭りと言ってもいいぐらい。ずっと昔、コルカタのドゥルガプージャで踊られて頂いた時に、その熱気に
圧倒されました! 一番好きな神様はシヴァ神だけど、女性として、ドゥルガは大大好きな神様かな。