プロフィール

Kaori Naka

Author:Kaori Naka
東インド古典舞踊オディッシーダンサー。オディッシーの中でも日本ではめずらしいデバプラサッドダスステイルを継承しています。
インド首都、デリー在住です。

仲 香織の詳しいプロフィール&
クラス情報を知りたい方はホームページを御覧下さい。→→→Debadhara HP

公演やWSのお知らせ→→→→HP Debadhara Yoga&Odissi

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Debadhara OdissiのBlog
・・・・・デリー在住の日本人インド舞踊家のたわいのない話。東インド古典舞踊やヨガ、おススメイベントや、日々の事をつづっています・・・・・・    ・・・たまに役立つインド情報満載!・・・    
クトゥブのダルガへ初めて行ってきました♪
ニザムディンのダルガは何度も行った事があったのですが、家の近くのクトゥブのダルガに初めて行って来ました。

Entrance-to-the-Dargah-complex-Wiki.jpg
(写真はウィキベディアから拝借)

誰かが、このクトゥブのダルガはニザムディンのグルのお墓と教えてくれたので、
ずっと興味があったのですが、2,3回、恐ろしい渋滞に車で巻き込まれ、泣きかけた(実際涙が出た)ので、
もう行きたくない~~~と恐怖の場所になっていたのでした。

このダルガは、Qutb-ud-din Bakhtiyar Kaki という人のお墓で、デリー最古、インド最大らしいです。
スーフィー(神秘主義者)の聖人です。

ちなみに、場所は世界遺産のクトゥブミナールの裏手にあたるのですが、そちらから行くと、
恐ろしい渋滞にまきこまれるので、今回は、裏道から車で行き、車をとめて、歩いていきました。
またこの裏道も素晴らしく、古いモスクが並んでいて、階段井戸がある超穴場スポットです♪

ニザムディンもそうですが、こちらのダルガも木曜日に、歌のコンサートのようなものがダルガ内で、開催されています。
何故か認知度も低く、人も本当に少なくていいです。




スポンサーサイト
Adhar Card インドのマイカード
アダールカードを申請しちゃいました。
Adhar Cardがあれば、政府系の銀行口座を開けますし、ガスを注文する事が出来ます。

今は、税金を支払っている証明のパンカードやパスポートが身分証明書でしたが、それでは、上記の事が出来ませんでした。

ただ、アダールカードは、戸籍謄本のようなものがないインド国民を管理しようという目論見が見えています。
日本のマイナンバーのような感じですね。


カードを作るプロセスは、近所エリアにあるオフィスへ行って、身分証明書や住居証明書を持って、
PCへ情報を打ち込んでもらい、自分の顔写真、指紋、虹彩を取られます。
こんな感じの看板↓のオフィスへ行きます。
超ローカルです。

adharcccard.png

指紋を取る時は、ギュ-と力強く、機械に押し付けないと、エラーが出て取れないので、
オフィスの超ローカルインド人スタッフに、指の上から、両手でギュ-と押されました。
また、顔写真を撮るときに、暗いと何度もエラーが出たので、顔写真を撮るときに、
ライトを自分で片手に持ちながら、撮影しました。
さらに、PCへの打ち込みがあまりに遅いから、私が打ち込みました。


それでも、PCが何でも止まってしまって、何度も何度も打ち直すというインドらしいトラブルはありましたが、
5日後くらいに、無事に発行されました。

とてもチャチイです。
adhar.jpg

何度目?FRRO(静かなる報復)
また恐怖のFERROへ行ってきました。
外国人登録所です。目の前で、様々な問題に直面して懇願する外国人達を、卑下するように軽くあしらう
彼らは本当に何なんだ!と毎回あきれちゃいます。

通常5年までは、ビザをインドで、延長出来ます。5年すぎると日本でフレッシュビザを申請する事になると
思うのですが、今回、ちょうどビザが切れる時に日本に帰ったので、日本でフレッシュビザを申請する事になりました。

日本でも、山のような税関係の書類を提出してるのですが、
今回の外国人登録の際も、また同じ書類を要求されました。
途中でフレッシュビザを申請したせいもあるし、最近、外国人のビザ更新のチェックが厳しくなっているようです。

カウンターの前で、彼らが書類を厳しいまなざしで一枚一枚、チェックしている
前で、子守歌を永遠と歌う私に、いらいらが隠せません(笑)
(赤ちゃんの分もしないといけないので、連れて行かなければいけなかった)


「マダム!呼ぶから座ってくれ!」


静かなる報復でした。
そして無事に登録が終わりました。
froo2017.jpg

赤ちゃんの分は今すぐにでも、OCIというインドの市民権のような権利を申請できます。
私の分は1年後に申請可能となります。
OCIがとれたら、こんなめんどくさい手続きからもおさらばなんですが。。
そしたら、誰も、税金を納めているかどうかチェック出来なくなるんじゃないでしょうかねえ。。へへへ。




赤ちゃんのパスポートとれた♪
passporttahaha.jpg
無事にパスポートが取得出来ました♪
さすが、日本大使館です。すごいすんなり取れました。



最終的に使用したのは↓の画像です。 ど
んどんと顔が変っていくのに5年もこの顔かと思うとかわいそうな気もします(笑)
taha.jpg


そしてそれから、恐怖の?FRROへビザ申請へ行って来ました。
FRROのあの雰囲気、何回行っても緊張しますぅ。。。

ビザかエグジットパーミットどちらなんだ!?と聞かれ、いやいやこっちが教えて欲しいよと
問答がありました。

多分、私のステイタスだったら、ビザはとれないと思うのですが、
(ちょうど1月にビザが切れるから取れても、それまでの期間しか取れない)

しかし、何故かオフィサーが、1年延長こちらでしたら良いじゃないかとか言ってくる。。
多分私のビザをXビザと間違っているなあ、この人と思いながら、エグジットパーミットをお願いしました。

1月に日本に帰って、日本のインド領事館で、私のビザ延長とこどものビザを取得したいと思います。
ちなみに私のビザは、Eビザ(雇用ビザ)です。Xビザは家族に付随して取得出来るビザです・。
しかし、まあ、本当にインドの政府機関での手続きはややこしいし頭が痛いです。

エグジットパーミットですが、12月26日のフライトですが、21日に電話があるらしく、問題がなければ、22日に
取得出来るらしいです。無事とれますように。。

そしてはれて、日本♪♪♪
あーーー日本嬉しいなーーーーーーーーーーー
しかも、今年は正月を日本で過ごせるなんて!!!
本当に何年ぶりだろうかーー
うれしいな♪ はあやく来い来いお正月♪




インドで産まれた赤ちゃんの書類手続き
pa.jpg
赤ちゃんのパスポートを申請してきました。

こどもが産まれてすぐにしないと行けないと思っていた事の1つにパスポート申請がありました。
12月末に日本に1ヶ月帰る予定でいるので、それまでにパスポートとFRRO登録とビザの申請をする必要があります。
これはインドの書類手続きはとても時間がかかるので、悠長にしてられません。まだ2ヶ月以上あるからと言って、何があるか分かりません。

全然関係ないですが、インドの日本大使館の日本語を話せる男性の方はめちゃくちゃいつも親切です。
毎回しつこいくらい電話して色々教えてもらっています。大感謝です!
しかし、気になる事は、彼の日本語は少――し訛っているのです。それが東北あたりの訛りなのか、それとも、外国人の日本語訛りなのか良く分かりません。毎回の密かな疑問です。

顔は日本人にも見えるし、マニプリあたりのインド人にも見えます。ある日、大使館へ行った時、とても流暢なヒンディー語を
話されていたのを聞いて、この人は、インド人かもしれないと思ったのでした。
しかし、毎回電話で、日本人にかわって下さいというと、彼が対応して下さいます。



さて、手続きは、まず、病院から出生証明書をもらいます。それを持って、MCD(市役所)へ正式な出生証明書をもらいに行きます。私が出産した病院には、出生証明書というのがなくてDischargeという紙だけでした。
その時は、名前がまだ決まっていなかったからか、そういうものなのか、紙には、B/O KAORI NAKAとだけ記載されていました。
そして、MCDへ行ってもらうと通常は10日かかるらしいです。



またまた予断ですが、旦那の血液型はABと聞いていて、私は間違いなくBなのですが、
赤ちゃんの血液型はOでした
いやいや、大問題でしょうぅぅぅ。。。
と日本なら大問題ですが、インドですから、きっと旦那の血液型はABではないのでしょう。。
なぜなら旦那の御父さんはOで、御母さんは不明だけど、その両親からやはりABも産まれません。。。
このくらいのガセネタには負けませんよ。
でも仲家は代代B型だったんで、O型は超新鮮です!




さてさて、話を戻しますが、MCDですが、10日もかかっていたら間に合いません!
もちろん甘いお菓子(比喩)を配り、5分で発行してもらいました・・・
甘いお菓子効果は病院でも発揮したらしく、今では門番からナースから、旦那の顔を見ると、
皆、「SIR!!!」といって、ぴかぴかの笑顔を見せてきます。。。

さて、この出生証明書+和訳、パスポートコピーを持って、大使館へ行き、その場でもらう申請書2部に記入します。
結構細かい修正が入りました。申請書をそのまま日本の市役所に送って、戸籍に反映してもらう事も出来ますが、
こんなに修正が入ったら、なかなか大変です。

直接反映してもらうと多少時間短縮できるらしいのですが、大使館経由の方がいいかもしれません。。。
因みに、入った修正は、例えば、和訳の住所の英語記載そのままにして記入したのですが、全てカタカナにしないといけないとか、インド国ニューデリー市という風に記載しないといけないとか、まあ、結構細かい(普通か?)です。

そして、1ヶ月(多分2-3週間)後に戸籍に登録され、それを日本から郵送してもらい、それをもって、大使館へまた行き、数日後にパスポート申請が完了します。

日本がらみの申請はスムーズです。
覚悟しているのはその後、インド人がらみの申請です。。
パスポートを持って、恐怖のFRROへ行き、ビザ申請へ、、、、
また別の手続きが待っています。


あーーインドって本当に手続きが大変―――――。