プロフィール

Kaori Naka

Author:Kaori Naka
東インド古典舞踊オディッシーダンサー。オディッシーの中でも日本ではめずらしいデバプラサッドダスステイルを継承しています。
インド首都、デリー在住です。

仲 香織の詳しいプロフィール&
クラス情報を知りたい方はホームページを御覧下さい。→→→Debadhara HP

公演やWSのお知らせ→→→→HP Debadhara Yoga&Odissi

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Debadhara OdissiのBlog
・・・・・デリー在住の日本人インド舞踊家のたわいのない話。東インド古典舞踊やヨガ、おススメイベントや、日々の事をつづっています・・・・・・    ・・・たまに役立つインド情報満載!・・・    
インドの野菜
インドの野菜は結構種類が豊富です。
緑の葉物たちも、日本では手に入らないものもたくさんあるし、
名前もしらないものをたくさんあります。

new veg

名前は知っていたけど、日本で食べた事がなかった野菜の中では、ビーツがあります。
砂糖大根の一種らしいですが、こちらでは、日常的に手に入りますし、ビーツジュースなんかも、超安く
路上で飲めます。

しかし、慣れていない野菜をさっさっと調理するのは結構、ハードルが高かった。。
そんなとき、イタリア人の友達(よく家に泊まっている)が、ビーツをゆでたり、そのままサラダにしたりと
手際よく調理しているのを見て、そうなんだーー!!といっきに身近な野菜に変身しました♪
(ゆでたら、本当に甘いし、生でも、しゃきしゃきしていて、美味しい♪
しかし、トイレにそのまま、このカラフルな色が出ます。。(笑 きっと母乳にも出るんじゃねー)

その他の野菜としては、パクチー
こちらでは、ダニヤ(コリヤンダー)といいます。
こちらでは、野菜を買ったら、チリとセットで、無料でついてきます。
入れてくれないと、みんな、文句言います(笑)

日本では、東南アジア料理についてくるくらいだけど、
こっちは、やっぱり、毎日、どこでも、結構入れます。カレーにもサラダにも!
美味しいですよーー

スポンサーサイト
インドの朝食ーバター大好き♪
インドの朝食について皆さんどんなイメージがあるでしょうか。
チャイは共通だと思いますが、地域によって朝食の内容は全然違うと思います。
もちろん食パンなどはメジャーな朝ごはんですが、それ以外でも、
パラタ(具入りチャパティー)とかポハ(つぶした米)など結構バラエティーに富んでいると思います。

butters.jpg

私の家では、チャイとパンとたっぷりのバターとそして目玉焼きです。
基本、私の知る限り、北インド人(寒い地域の人達)はバターが大好きです。
バターをつけているというよりも、食べていると言っても過言ではありません。

という私も、最近、どんどんとバターの摂取量が増えています。
じょじょに寒くなっているデリーの朝に、甘いチャイにトーストしたパンにバターをたっぷりつけるのが、
たまらなく幸せを感じます。。

日本だったらありえないくらいのバタの量です。
インドのバターの味は日本のものとはかなり違います。
久しぶりに日本でバターを食べると、日本のバターの味に感動します。
そして、それから、インドでバターを食べると、またインドのバターの味に感動します。
両方美味しいです。


インド人家族と同居するという事
10年前にデリーで踊り留学をしていた時、デリーのインド人家族の1部屋を間借りしていました
(それが、実は現在の旦那様家族になる。。)

その時は、“留学=いずれ日本に帰るから今の状況は一時的な事“ という意識が強かったので、どんな境遇でも楽しめました。
まあ、若かったという事もありますし、踊りを学びたい!という意欲に燃えていたので、他のことは全く気にならなかったという事もありますし、インド留学=貧乏生活 という覚悟があったという事もありました。
また、ヒンディー語が当時は片言くらいしかできなかったし、そもそも、同居しているインド人達はヒンディー語を話していないし、
彼らの会話に興味がなかったし、大して関わらなくても、日々、自分の事で忙しくしていたし、間借りしている立場であったので、
自分の領域と彼らの領域は別という意識が強かったです。

さて、今、こどもが産まれ、またまた、同じインド人家族と同居生活が始まっています。
10年前にこの状況を誰が想像できたか。。

もちろん同居状態は、ずっとではないのですが、産まれる1ヶ月くらい前から、
いつ産まれるか!いつ産まれるか!
と皆待ちわびてくれて、一人増え、二人増え、という感じで、家の中の人口密度がどんどん濃くなってきました(苦笑)
そして、ついに産まれ、自分のこどもがとられちゃうんじゃないかという思うくらい、皆、赤ちゃんを世話したくてたまらないようです。


正直、最初の1-2週間は超ストレスでした。
文化の違いをひしひしと今更ながら感じ、例えば、産まれたての赤ちゃんに
“ウェルカム”目的で、はちみつを唇につける風習があるらしいのですが、
義理母さんがはちみちのビンを嬉しそうに開けているのを見たときに、

「駄目ー!!絶対駄目ー!!」

と怒ってしまいました。唇にちょこっとつけるだけだよ。。。。と言われても、
そのちょこっとでもし何かあったら、、、と思って断固として拒否しました。

これは、一つの例ですが、それ以外でも、色々、育児方法について、私がネットや本から学ぶ事とは異なる事が多く、
ただでさえ、育児に慣れない事だらけなのに、それは大きなストレスとなりました。

まあ、ストレスはもちろん今も度々感じて行き詰まる事もあるのだろうけど、しかし、ネットで色々、検索すると、
それは文化の違いではなく、世代の違いや姑嫁問題で、よくある話と気づきました(笑)

今、ストレス以上に、たくさんのベビーシッターに囲まれて、“なんて、楽===!”
という事に気づきました。本当に色々な事をしてくれるし、こどもを3人も育てた義理母さんだから、あやし方とか寝かしつけ方とか上手だし、そして、親戚一料理が上手いという従兄弟とのおばさんが、毎日、本当に色々な料理をつくって私に提供してくれます。
通常はオイルやスパイスだらけの彼らのインド料理ですが、私の為だけに、チキンと野菜のスープを毎日つくってくれたり、
超薄味のカレーをつくってくれたり、本当に至れり尽くせりです。

これを感謝せずに文句言ってたらあかん。。
これがインド文化の良さかなーと実感しています。
もちろん度々、いらーーとする事もあるんだけど、完全に日本流に育てるというのは、
私の中では、自分のエゴのような気がしていますので、色々とインド流にあきらめ、受け入れ、流れにまかせ、
ジュガル精神で行かないと行けないですね。


インド料理の奥深さ、まだまだ
家の中がにぎやかになってきています。
もうすぐ産まれるという事で、色々な家族が家に集まって来ました。
インド料理を色々知っているつもりでも、さすが、インドは広い!
ロキという瓜みたいな長い野菜があるのですが、
これ↓

lokhi.jpg



それを乾燥させて、料理に使います。
冬の間に乾燥野菜を沢山つくってストックするようです。
rokhidry.jpg

へーまだまだ知らないことが沢山ありますね。
切干大根のようにうまみが増すのかしら。。
あ、今日のランチは切り干し大根でした。やっぱり滋味だなあーーー


脱線しましたが、ちなみに、これの乾燥ロキを、肉とともにカレーにします。
そしてなんと、最後に牛乳を入れちゃいます。。
びっくりですね。。。。でも、美味しいカレーでした。




デリーでスイミング
デリーで水泳できる場所はすこぶる少ないと思う。

以前住んでいたネループレース近くに、プライベートのローカルなプールがあったものの、縦、横と好き勝手に泳ぐインド人に、どこに向かって泳いで良いのか、途方にくれてしまいました。

でも、今年の夏は絶対泳ぎたい~と思っていた私。


5つ星のプールにも目をつけました。
6ヶ月で60000Rsくらい。1月にして16000円くらい?でもタックスをいれて、きっと2万円くらい?高いです。これでも、他の5つ星ホテルに比べたら安いようでした。
1回試してみようと、参加してみましたが、アウトドアのプールでまず、第一に、底がぬるぬるしていて、そして規模が小さい。


うーん。うーん。ここは駄目だなー。

そこで、教えてもらったのが、デリー日本人学校のプール。
日本人会の水泳部に入ると、使用させて頂けるという何とも嬉しい♪
そして、勇気を出して、入会して、行ってみました。



わー。

japanese-pool-1024x768[1]
デリー1 水が綺麗という噂は、本当でした。
そして、人が少ない。
しょっちゅう、6レーン?くらいある大きなプールを独り占めして泳ぐ事が出来ます。
監視員のインド人のお兄ちゃんも超超暇そうで、かわいそうになりますね。
18時に閉まってしまうから、スケジュール的には正味30分しか泳げないのですが、
30分泳げたら十分です。

わー。日本人学校様様です!
ありがとうございます!!