FC2ブログ
プロフィール

Kaori Naka

Author:Kaori Naka
東インド古典舞踊オディッシーダンサー。オディッシーの中でも日本ではめずらしいデバプラサッドダスステイルを継承しています。
インド首都、デリー在住です。

仲 香織の詳しいプロフィール&
クラス情報を知りたい方はホームページを御覧下さい。→→→Debadhara HP

公演やWSのお知らせ→→→→HP Debadhara Yoga&Odissi

カテゴリ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Debadhara OdissiのBlog
・・・・・デリー在住の日本人インド舞踊家のたわいのない話。東インド古典舞踊やヨガ、おススメイベントや、日々の事をつづっています・・・・・・    ・・・たまに役立つインド情報満載!・・・    
インドアマゾン
amazonindia.jpg

最近のデリーはEコマースの発展著しいです。
特にアマゾンインディアは中流階級より上のインド人にとって、日常の買い物ツールの1つになりました。
チェーンのスーパーが増え、デリバリーサービスが一般化してから、ネットでの買い物をするハードルが
どんどん下がったのではないかなあと思います。

さて、アマゾンインディア。日本と変わらない便利さなのですが、難点は配達の
時間指定が出来ない事。そう、いつ来るか分からないのです。もちろん、注文すると、大体の配達日が
3日間くらいの幅をもたせ、表記されていますが、それが、いつもずれるずれる。“配達早くなりました! 
まもなく配達されます!” って表記されたら、もう家のそばに配達員が来ちゃっているって事です。。
そして、時間指定はできません。これは、結構つらく、家を空けることが多い私にとっては、受取困難。
日本のように、ポストインしてくれるなんて無し。そもそも、そんなポストは一般的にインドに無し。


アマゾンインディア、すごいのは、朝6時台からもう配達してくる事。
配達前にかならず電話があります。
しかし、朝早い方が、逆に、留守の可能性が低いから助かります。


先日、留守の時に、電話がかかってきました。配達に来たけど、誰もいないよーー
あー、留守の時に来ちゃったかあ。。。


しかし、この配達員はめげません!


「バルコニーに入れようか?」


「え、そんな事出来る?うち、2階だけど。。」
*なんなら、うちの場合、実際は3階。ややこしいのですが、日本の1階はグランドフロアーで数えないので、インドは2階が1階と数える。しかも、うちは、駐車場の上から階がはじまるから、実際は3階となる。


「植木鉢並んでいる、洗濯もの干している家だよね?やってみるよ!」




えええ、、すごいアマゾンインディア。
うちに帰ると、バルコニーに綺麗に、荷物が投げ入れられていました。

こういう対応はものすごくインド的で、好きーーーー♪♪
そしてアマゾンインディア、ますます、利用が増えちゃうわ。
便利、便利。










スポンサーサイト



デリーお気に入りのレストランへ
オディッシーダンサーの毛塚七重さんが訪印され、一緒にお気に入りのレストランRustomsへ行ってきました。
普段はデリーは素通りされるという事でしたが、
デシガールとしては、それはもったいない!!
という事で、デリーご案内♪


rustomers.jpg

こちらのアチャールがドンピシャの味で、大好きです。
レストランの雰囲気もいいし、ゾロアスター料理という事で、他のストランとは一味違う感じで、
いい感じ♪やっぱり美味しかったです。

同世代の女性として、色々と話しに花を咲かせ、
楽しい時間を過ごさせて頂きましたーー。



最近ハマっていた事。インドでパン作り。
前回の日本一時帰国で、念願のパン焼き機を買って帰ってきたのでした。
パナソニックのなんちゃらとか、色々研究したけど、結局電機屋で購入したのは、聞いたことないブランドの
一番安い6000円台くらいのやつ。。
パン作りも酵母づくりも色々挑戦したことあったけど、とにかく、ホームベーカリーは初めて使うから、
お試しのような感じでした。

インドでは色々心配事がある。それは、よく停電が起きること。
それと、やはり、インドには強力粉が売っていないということ。

とりあえず、日本から、2KGの強力粉とイースト2箱を持って帰ってきました。
とにかく、一度つくってみたくて、1番最初は、

バターがなく、ギー使用。。
まあまあの出来でした。
pan2.jpg

そして、ブドウパンとかミルクパンとか生食とか色々試したあげく、
ミルクちぎりパン。
pan1.jpg


見た目は悪いけど、このミルクちぎりパンはめちゃくちゃ美味しく、中には、なんとカスタードクリーム♪
おおーーーすごい。

なぜ、そもそもホームベーカリーを買いたいと思ったかというと、インドのパンがすごくまずい。
暑くなってくると食べ物全てが薬の味がします。
恐ろしい話ですが、ミルク、パン、ヨーグルト、果物まで。。

本当に恐ろしい話ですが、それがたまらなく気になりだしています。
特にパウチに入っているミルクはやばいです。
まだ、紙パックに入っているミルクの方がましですが、パウチのは、臭すぎて、もうちょっと体が受け付けなくなっています。

毎朝、パンを朝食にしていますが、
ローカルなスーパーに売っているパンも化学的な何かの味がします。
防腐剤? 良く分かりませんが、とにかく、たまらなく嫌です。

そして、インドにはブドウパンがなく、数か月前についに見つけた!と思ったブドウ食パンも1か月足らずで、
見かけなくなってしまいました。

という事で、これは、自分で美味しいブドウパンをつくってやる!と思ったのでした。。



安いホームベーカリーでも、ふわふわのパンができている!感動で、義理母にも食べさせてみたら、
パオバジやなとぼそっと呟いた。。
(もうあげないと思いました)

朝の朝食にうっとりしている日々は過ぎ、そして、ついに、日本から持ってきた強力粉が底をつき、、、
インドの粉で試してみる時がやってきました。パン作りマスターのデリーのデバダーラメンバーがいるのですが、
彼女曰く、インドの粉(MAIDA)は、中力粉らしいです。そう、インドには薄力粉も強力粉もないのです。
だけど、そこにグルテンを入れれば、問題ない!との事。

そう思ってやってみたのですが、パンの出来が違う。。。涙涙涙
全然違うんです。イーストを増やしたり、発酵時間を増やしたり、色々手法を変えて、作ってみたけど、
やっぱり、どっしりとしたパンしか出来ません。

あーー誰か教えてほしい。。。インドの粉で美味しいパンの作り方を。。
冷蔵庫には、失敗したパンの山でしたが、今朝、すべてやっと消化仕切りました。
日本から、また強力粉持ってこなければ!!!








こんなラドゥー見たことねえ
すごいラッドゥーを見つけてしまいました。
超近所に出来たカフェと小さなお菓子屋さんです。Gur-Chiniという店でした。


1つだけ購入。いやー全て可愛い!!!
こちらは、ベルギーチョコレートって書かれているラドゥーでした。

ladu1.jpg
ladu2.jpg

回りのつぶつぶもチョコレート、中もチョコレートでした。その周りは、普通にラドゥー。
なんと、1つ100Rs。。。
すごい高い。
確か6-7種類くらいしかなくて、全てインドの伝統的なお菓子の
すげー可愛い版でした。箱もすっごく可愛くて、お土産にぴったりな感じでしたね。

ここ数年のデリーはすごいです。
そして、原点回帰みたいな?
伝統的なものをおしゃれにアップデータしたような感じのプロダクトが増えています。



ーーおまけーーー

土曜日に髪の毛を切りに超近所の美容院へ。
久々のローカル美容院でしたが、確実にインド人の腕は上がってる!
腕があがっているというよりも、インド人のセンスや常識のレベルがグルーバル化したのか。。




こどもはみんな天使&モンテッソリー学校
デリーもやっと春っぽくなってきました。

久々のChildren Parkはぽかぽかで気持ちが良かったです。
その名の通り、いつも子どもたちが沢山遊んでいます。
本当にどのこどもも天使。可愛い♪

park1.jpg


最近息子を超ローカルスクールから、少しきちんとしている学校に変えました。
G D Goenka La Petite、モンテッソリー教育の学校です。そう、あの“モンテ”の思想の学校です。
特にモンテの学校を探したわけではないけど、2番目に近い学校がここでした。
歩いて5分もかかりません。


インドでは、モンテソリーの学校はかなりあり、大学までその教育の機関はあります。
日本比べると破格の金額です。
超ローカル学校に比べると、かなりカリキュラムもしっかりしているように感じています。
設備も比較できないほど、きちんとしています。前の学校でヒンディー語が出始めていたので、
新しい学校は基本英語を期待して、英語力が増えるかと思ったのですが、ますますヒンディー語のおしゃべりが
増えています。



先日踊った私の足の赤いアルタを見て、
ダンスキヤ?(ダンスした?)」と
言ったのが超可愛かった!




新しい学校に変えるのに、ちょっと悩みました。なぜなら、前の学校には、お気に入りの女の子“クシちゃん”がいたから。。
でも、午後は誰もいなくて、一人になってしまうし、新しい学校に変わる事を決めたのでした。

前の学校はバルコニーから見える距離。
バルコニーから学校を見ては、「クシー」と未だに叫ぶ息子タハ君を見て、心が痛みます。。


しかし、新しい学校はこども達も沢山いて、アクティビティーも多く楽しんでいるようです。
学校好き?先生好き?と聞くと、

「学校シュキ、先生シュキ」と言います


そして、さすがハイテクインドです。
タイムリーに教室の様子が携帯で随時見れてしまいます。
日本にもこういうシステムがあるのかしら。。