FC2ブログ
プロフィール

Kaori Naka

Author:Kaori Naka
東インド古典舞踊オディッシーダンサー。オディッシーの中でも日本ではめずらしいデバプラサッドダスステイルを継承しています。
インド首都、デリー在住です。

仲 香織の詳しいプロフィール&
クラス情報を知りたい方はホームページを御覧下さい。→→→Debadhara HP

公演やWSのお知らせ→→→→HP Debadhara Yoga&Odissi

カテゴリ

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Debadhara OdissiのBlog
・・・・・デリー在住の日本人インド舞踊家のたわいのない話。東インド古典舞踊やヨガ、おススメイベントや、日々の事をつづっています・・・・・・    ・・・たまに役立つインド情報満載!・・・    
神様。インドをコロナから救って下さい。
みなさんもご存じ、インドは22日に外出禁止令”ジャンタ カフュー”が発令され、
それから、数日経ち、なんと21日間のインド全土のロックダウンが発令されました。

”ジャンタカフュ―”とは、”人民の為の 外出禁止令” で、”カフュ―”と聞くと、びっくりするから、
”ジャンタ”とつけられて、印象を柔らかくしていると言われています。
 
この日は、完全に外出禁止令でしたが、その後の21日間のロックダウンは、日用品の購入の為に外を出るのは
許されていますので、生活必需品の買い物には困ることはありません。
ただ、警察が車でうろうろ取締っているので、おどおどしながらの買い物になります。

21日間のロックダウンのモディのTVでの演説は、正直、生まれて初めて、モディに賛同できました。
ヒンドゥー至上主義にはうんざりしていたし、お得意のパフォーマンスにもうんざりしていたけど、
今回だけは、この強いリーダーシップと体幹の強さに万歳。

本当に、今インドでコロナウィルスが蔓延してしまうと、何万、何千、何億というインド人が亡くなる可能性があります。
インドの半端ない人口と、医療レベルの低さ、医療受け入れ施設の少なさ、貧困。
本当に、危険です。
インドは日本とは違うのです。

lockdown.jpg

私。喜んで外出禁止令を受け入れます!!

とは言え、今まで行動範囲が広かった分、公園までゲートはしっかりロックされ、
遊び場所がなくなり、本当に遊び盛りの子どもには、かわいそうな限りです。



最初の外出禁止令が出たとき、私は、食料を心配し、義理父は、真っ先に、たばこを心配(笑)
モディの演説(ヒンディー語)を、理解しようと、耳をダンボにしている私の隣で、
義理父は(多分、多少お酒が入っていた模様)、「はーー何言ってんだー。」と投げやり。


「バイスって22日よね?今何言った?(下のヒンディー語を見て)これ、どういう意味?」

と聞いても、ヒンディー語よめなーい。バイス??って何だったけ??と、とんちんかんな義理父。
(毎日、一日中、ニュースをチェックしている義理父なので、実際は、すごい理解していますが)

なんか、心強い家族に囲まれ、私の緊張感は飛んでしまいました(笑)


souji.jpg

さて、メイドも来たくない、来れないと言い出し、(そりゃそうよね。。。)
毎日、掃き掃除、拭き掃除から朝の一日が始まるようになりました。
健康的です。そして、毎日のステップ練習を自分に課し、自宅勤務をしながら、料理、洗濯と、たまに、手ごねで
パンをつくったり、NIZI PROJECTをYou Tubeで見たりで、そんなこんなで、一日があっという間に過ぎていきます。




そして、夕方になると、生活必需品の買い物と称して、少し散歩。



空が青い!!

空気が澄んでいる!!


あー、なんか、久々の澄んだ空。春の陽気。
日本に帰ったみたい♪♪♪


そう、公害がかなり解消されている感触。
いつもこんなんだったら、どんだけいいか。
しかし、この不自由は早く、早く解消されてほしい。
前のように、公園に行きたいし、車でのんびりドライブしたいし、知らない場所を意味なく散策したいし、
モールにも行きたい。


あーどうぞ、神様。インドをコロナから救ってください。
一人でも感染者や死者が増えませんように。そして、今感染しているは回復出来ますように。。



スポンサーサイト



Olxにはまる。
olx.jpg

Olx Indiaはインドで手数料無しWEB上で売買のやりとりが出来るサイトです。
メルカリみたいな感じですね。
日本に一時帰国して真っ先に開き続けるサイトはメルカリです(笑)
しかし、インドからはメルカリが使用できません涙


このOlxはちらっと調べると世界45か国で各国のOlxサイトでやりとりされているそうです。
ここ最近、Olxで売り買いまくっています。
来月あたり引越をするので、断捨離中です。

現在あるベッドは、ベットの下が空いているタイプで、収納ボックスタイプではありません。
今度の引越先は収納スペースが減るので、ベットを収納ボックスタイプに変える事にしました。
引越先アパートは現在、新築中です。

Olxで早速、めぼしいベットを見つけ、コンタクト。
会話の英語が、インド人ではないな。すぐわかりました。
待ち合わせして合ってみると、ガタイの良いアフリカ人。
Olxはやりとりで直接会う時は、公の場所でと注意書きがでます。
確かに、どんな人とやりとりする事になるか、分からないので、気を付けないといけませんね!

しかし結局、アフリカ人から目当てのクイーンサイズの収納タイプのベッドを無事購入。
そして、今使用しているベッドは、昨日見に来た若いインド人カップルが、即決で購入、すぐ持っていきました。

その他、ガスコンロ、テーブル、椅子、靴箱を売りました。

以前は、駐在員等、帰国される方々がサイト上で売り買いを募っていたのですが、
最近は、備え付けの家具のある部屋を最初から借りられる方が多くなり、めっきり、そういったアドは見なくなりました。
暫く、Olxフリークは続きます。。。。







ハッピーホーリー2020年!
Happy Holi 2020
ハッピーホーリー!!!

happyholi.jpg
floor.jpg

毎年、ホーリーが来ると、本当に、きちんと春が来ます。
そして、ホーリーが来る時期に庭の植物はいつも必ず赤い花を咲かせてくれます。

しかし今年の冬は寒かった!数年ぶりくらいに寒い冬でしたね。
冬が来ると、植物はほぼ全滅してしまうのですが、この赤い花は、サボテン科なのか、
絶対死なない強い植物。韓国人のお友達に頂きました。
何度か引越を繰り返していますが、本当に唯一残っている庭の植物です。

もう1つは、義理父が誕生日に買ってきてくれたダリア。
インドのマーケットで見る花の中で一番好きな🌸です。

冬の後は必ず、暖かい春が来るんだなあ。ちゃんと。
春が来ると幸せな気持ちになるのは、つらい冬があるからですね★

春だーーーーとこの幸せに浸っているとすぐに来る、暑い夏。
それも楽しみです♪



デリーメロリi散策
メロリは世界遺産のクトゥブミナールの裏手のエリアですが
バラナシのような小道。歴史街道、沢山のモスクや廟、階段井戸、ダルガ、そしてヒンドゥー寺院も。
なんだかすごい魅力的なのです。

昨日もまたフラっと散策していると “Zafar Mahar”なるものを発見しました。
素晴らしい門。ムガル帝国最後の建築らしいです。


zafer1.jpg
zafer2.jpg



プロジェクトメロリなんてのも発見しました。
https://projectmehrauli.com/


なんだか気になるエリアです。
ここ最近、むやみに、エリアを散策する癖があるのですが、
どのエリアも、中を歩くと、色々な発見があって、本当に楽しいです。
デリーはまだまだ面白い、知らない場所がたくさんあります♪♪





2020年!アルナチャラ初詣とラマナマハリシアシュラム
聖なる山 アルナチャラへ元旦、初詣に行ってきました。
この山自体がシヴァ神で世界のハートと言われています。
前回は、ローカルバスがあまりに時間かかり、チダンバラムまでしかたどりつけず、断念しましたが、
今回は、この地に目的地を絞り、念願の訪問を果たしました!!!


この山の麓に、バグワン ラマナマハリシのアシュラムがあります。
今回は、こちらのアシュラムに滞在させて頂きました。素晴らしいアシュラムでした。
沈黙の聖者と言われるラマナマハリシの意思を受け継ぐ、人間としての深い存在意義などを追及している(していそうな)
大人が世界中から集まっている空間に見えました。
みんな、静かに瞑想を各々楽しみ、おだやかな顔つきです。


アジア人よりの年配の欧米人が意外に多く、よく来るインド人曰く、ここ1.2年でこの町は変わったとの事。
ちらほらとおしゃれな店やカフェが増えているようです。
が、変なババ(修行僧もどき?を見せかけ、実は危ないやつら)がたくさんいたり、
ローカル色が強く、また、信仰心がものすごい深いエネルギーのある土地です。
また来たいと思わせてくれる空間でした。




til_8125.jpg
til_8033.jpg




シヴァ神の宿る山、アルナチャラ山は、さすがに子どもを抱っこしての身で山頂までは登れなかったものの、
スカンダ・アシュラムとヴィルパクシャ洞窟まで、12月31日と1月1日の2回も登りましたよ。
遠くから見える山は何か異様なエネルギーを明らかに感じましたし、
山自体は、とてもよく整備されていて、気持ちよく安全で、そして、びっくりするくらい、人懐っこし猿が多かったです。
みんなはだしで登っていますが、私は靴を履いて登らせて頂きました。
次回は、一人で、そして山頂まで登りたいです♪


arunachara2.jpg
til8038.jpg
til_8098.jpg
arunachala.jpg

本当は洞窟の中で、静かに瞑想したかったのですが、
子連れでは、それは叶わずでしたが、
山を無心に登るのは、元旦から素晴らしい瞑想。シヴァ神を感じて、Who Am I?と久々問いかけてみたり、
良い年末年始を過ごすことが出来ました♪

自分は大宇宙は一体。それが、アルナチャラでも、シヴァ神でも、アッラーでもいいじゃない。





til_8051.jpg

til_8059.jpg

til8031.jpg





★★★★おまけ  因みに。。
今回行ったティルバンナマライはチェンナイから4-6時間程度。
通常はバスで行くのですが、ローカルバスでは行きたくない。と思い、列車がないか探しました。
チェンナイから2時間くらいのローカル駅から列車が唯一出ている事をつきとめ、
チェンナイからティッルタにという駅へ移動。ローカル列車。
til_8014.jpg

しかし、旅の醍醐味か、馬鹿なのか、
列車に乗り遅れました。。。(自分の予約しているクラスの車両が見つからず、探している間に、
列車が動き出し、子連れでは、飛び乗る勇気が出ず、、そのまま、列車を見つめる私。。涙)
周りのインド人にタミル語で、(言葉の意味は分からないけど、おそらく)


あああ、乗り遅れちゃったの?!


と声かけられ、駅員には、はー?!まじで?!呆れられ。。
そして、また、2-3時間かけ、ローカル列車でチェンナイに戻りました。
そこから、やっと見つけた寝台バスを予約しましたが、乗客が少なく、案の定、当日にキャンセルされ、
色々この日は、散々でした。。。。久々にインドの沼にはまった感じです。
結局、ローカルバスで5時間近くかけ、目的地に到着しました。

til_8017.jpg
til_8015.jpg