FC2ブログ
プロフィール

Kaori Naka

Author:Kaori Naka
東インド古典舞踊オディッシーダンサー。オディッシーの中でも日本ではめずらしいデバプラサッドダスステイルを継承しています。
インド首都、デリー在住です。

仲 香織の詳しいプロフィール&
クラス情報を知りたい方はホームページを御覧下さい。→→→Debadhara HP

公演やWSのお知らせ→→→→HP Debadhara Yoga&Odissi

カテゴリ

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Debadhara OdissiのBlog
・・・・・デリー在住の日本人インド舞踊家のたわいのない話。東インド古典舞踊やヨガ、おススメイベントや、日々の事をつづっています・・・・・・    ・・・たまに役立つインド情報満載!・・・    
2020年!アルナチャラ初詣とラマナマハリシアシュラム
聖なる山 アルナチャラへ元旦、初詣に行ってきました。
この山自体がシヴァ神で世界のハートと言われています。
前回は、ローカルバスがあまりに時間かかり、チダンバラムまでしかたどりつけず、断念しましたが、
今回は、この地に目的地を絞り、念願の訪問を果たしました!!!


この山の麓に、バグワン ラマナマハリシのアシュラムがあります。
今回は、こちらのアシュラムに滞在させて頂きました。素晴らしいアシュラムでした。
沈黙の聖者と言われるラマナマハリシの意思を受け継ぐ、人間としての深い存在意義などを追及している(していそうな)
大人が世界中から集まっている空間に見えました。
みんな、静かに瞑想を各々楽しみ、おだやかな顔つきです。


アジア人よりの年配の欧米人が意外に多く、よく来るインド人曰く、ここ1.2年でこの町は変わったとの事。
ちらほらとおしゃれな店やカフェが増えているようです。
が、変なババ(修行僧もどき?を見せかけ、実は危ないやつら)がたくさんいたり、
ローカル色が強く、また、信仰心がものすごい深いエネルギーのある土地です。
また来たいと思わせてくれる空間でした。




til_8125.jpg
til_8033.jpg




シヴァ神の宿る山、アルナチャラ山は、さすがに子どもを抱っこしての身で山頂までは登れなかったものの、
スカンダ・アシュラムとヴィルパクシャ洞窟まで、12月31日と1月1日の2回も登りましたよ。
遠くから見える山は何か異様なエネルギーを明らかに感じましたし、
山自体は、とてもよく整備されていて、気持ちよく安全で、そして、びっくりするくらい、人懐っこし猿が多かったです。
みんなはだしで登っていますが、私は靴を履いて登らせて頂きました。
次回は、一人で、そして山頂まで登りたいです♪


arunachara2.jpg
til8038.jpg
til_8098.jpg
arunachala.jpg

本当は洞窟の中で、静かに瞑想したかったのですが、
子連れでは、それは叶わずでしたが、
山を無心に登るのは、元旦から素晴らしい瞑想。シヴァ神を感じて、Who Am I?と久々問いかけてみたり、
良い年末年始を過ごすことが出来ました♪

自分は大宇宙は一体。それが、アルナチャラでも、シヴァ神でも、アッラーでもいいじゃない。





til_8051.jpg

til_8059.jpg

til8031.jpg





★★★★おまけ  因みに。。
今回行ったティルバンナマライはチェンナイから4-6時間程度。
通常はバスで行くのですが、ローカルバスでは行きたくない。と思い、列車がないか探しました。
チェンナイから2時間くらいのローカル駅から列車が唯一出ている事をつきとめ、
チェンナイからティッルタにという駅へ移動。ローカル列車。
til_8014.jpg

しかし、旅の醍醐味か、馬鹿なのか、
列車に乗り遅れました。。。(自分の予約しているクラスの車両が見つからず、探している間に、
列車が動き出し、子連れでは、飛び乗る勇気が出ず、、そのまま、列車を見つめる私。。涙)
周りのインド人にタミル語で、(言葉の意味は分からないけど、おそらく)


あああ、乗り遅れちゃったの?!


と声かけられ、駅員には、はー?!まじで?!呆れられ。。
そして、また、2-3時間かけ、ローカル列車でチェンナイに戻りました。
そこから、やっと見つけた寝台バスを予約しましたが、乗客が少なく、案の定、当日にキャンセルされ、
色々この日は、散々でした。。。。久々にインドの沼にはまった感じです。
結局、ローカルバスで5時間近くかけ、目的地に到着しました。

til_8017.jpg
til_8015.jpg

スポンサーサイト



ありがとう2019年
thanks2019.jpg

ジャイジャガンナート!
2019年の踊り収めました。
日本でもデリーでの今年最後のクラスが無事終了しました。

2019年は振り返ってみると、インド内で結構、沢山の公演をしました。
デリーでの自主公演も素晴らしいものになったし、
出演者の半数以上がインフルエンザで苦しみ、私も公演の3日にやっと治ったと思っていたら、
当日にインフルで高熱になったメンバーもいました。
それはそれで、忘れがたい公演となりました。

また、日本でも、
デリーメンバーと日本メンバーと一緒にインドメラで踊らせて頂き、本当に思い出深い公演となりました。

踊りでつながったメンバー。
なんだか、本当に不思議なご縁。。。
なんだか、楽しい――♪

2020年も宜しくお願いいたしますーーー!!!



Ugrasen ki baoli デリーの階段井戸
Ugrasen ki baoliにふらっと寄ってきました。
沢山のインド人の観光客が。こんなに人気があるなんて知らなかったなあ。
納得の素敵なデリーの観光スポットです。


IMG_7900.jpg
IMG_7878.jpg

スパルタ、インドの保育園
息子の保育園の連絡帳です。

(訳)
ahatomator.jpg


インドの学校は保育園からスパルタです。
1月に発表会があるから、韻を踏んだこの言葉を暗唱するようにと言われています。


何度か学校の担当の先生から、息子が練習していない!とお叱りの電話があります。。
そんなん言われても、ヒンディー語むずいし、私は無理でーす。
先生の仕事でしょう?!って言いました。
インドは、試験前になると普通に会社を休んで、こどものサポートをします。


私も一緒にヒンディー語勉強しています。。



(訳) 修正しました
わートマトむちゃくちゃ上手い、ある日、ネズミがそれ食べ、猫に投げて逃げて行った
わートマトむちゃくちゃ上手い、ある日、アリがそれ食べ、ぞうに投げて逃げて行った
わートマトむちゃくちゃ上手い、ある日、ほそっちょがそれ食べ、太っちょに投げて逃げて行った
わートマトむちゃくちゃ上手い、わートマトむちゃくちゃ上手い





インディアメーラ10周年。日本とデリー
今年、インディアメーラは10周年だったそうで、1年目から出演させて頂いているので、
なんだか、感慨深いものがありました。


デバダーラを結成して、手探りでクラスをはじめ、
グループで舞台で踊れるようになり(実際には、そのレベルには達していないけど、、、)
初めてのインディアメーラ出演から10年なんて。


本当に早い。5年くらいは日本の色々な公演に挑戦、出演させて頂き、
それから、私が渡印。

ほんとうだったら、消滅しているデバダーラの日本メンバーも
自分たちでこつこつ練習を続けてくれて、紆余曲折はもちろんありますが、

そして、今回、デリーのデバダーラメンバーと一緒に踊れるなんて、それはそれは、
貴重な機会でした。


本当にひとえに、日本メンバーのお蔭です。

riha2.jpg
riha1.jpg


なんか、歳を重ね、色々な事が染みるなああ。。
日本帰国時に、(昔の?)デバダーラメンバーと会って、お話したり。

踊りを縁に出会った人たち。
インドやヒンディー語を縁に出った人たち。

本当に、普段だったら出会えない人達と仲間になれて、最高です!!!