プロフィール

Kaori Naka

Author:Kaori Naka
東インド古典舞踊オディッシーダンサー。オディッシーの中でも日本ではめずらしいデバプラサッドダスステイルを継承しています。
インド首都、デリー在住です。

仲 香織の詳しいプロフィール&
クラス情報を知りたい方はホームページを御覧下さい。→→→Debadhara HP

公演やWSのお知らせ→→→→HP Debadhara Yoga&Odissi

カテゴリ

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Debadhara OdissiのBlog
・・・・・デリー在住の日本人インド舞踊家のたわいのない話。東インド古典舞踊やヨガ、おススメイベントや、日々の事をつづっています・・・・・・    ・・・たまに役立つインド情報満載!・・・    
メイドの出産
メイドがついに出産しました。

3月20日が出産日だったはずが、
間際になり、医者の誤診で4月10日?が予定日と分かり、なんやそれーと
なっていたら、4月6日に生まれました。
出産当日までお掃除の仕事に行ってたらしく、仕事先で破水したそうです。
道端で彼女とそのいとこのおばさん(現在、彼女がピンチヒッターで掃除に来ている)
と出くわして井戸端会議していたら、3人とも確実にネパール人に見えていたはず。。
まだ19歳の彼女ですが、笑顔が可愛く、嫌な顔せず、本当に真面目に掃除してくれていました。

彼女が出産したのは、政府の病院で、自然分娩すると、無料。
帝王切開だと有料らしいです。

今朝はおばさんが掃除に来ないなーと思っていたら、やはり、
出産した!と彼女の旦那さんから電話がありました。

次の日の夕方、おばさんと一緒に、病院へお祝いに行く事にしました。
病院は意外に大きく、しかし、予想通り、ローカルなインド人でごった返している感じ。
大部屋の前には、ござ敷いて雑魚寝している家族たち。

中に入ると、恐らく昨日出産したであろうお母さんと赤ちゃんが30人くらい?!
ムッとするような蒸し暑さの中、にこにこの彼女が居ました♪
赤ちゃんは寝ていて、彼女は既に立ち上がっていて、
さすが、インド!(インドで入院は1日だけです)
人差し指と親指で赤ちゃんの目を開けながら、
「ウトッ!(起きろーー)」と冗談ぽく、写真撮影。
抱きかかえる彼女は、もうすっかりお母さんの顔になっていました。
本当に不思議なもので、1日でお母さんの顔になっちゃう。
maiddelive.jpg

生まれたすぐなのに、体には既に湿疹ができていて、とっても心配していましたが、
暑さのせい?そして、次の日には黄疸が出たらしく、ほんとに新生児って心配がつきないですね。
しかし、たくましいなあー



―――おまけ
久々にメトロに乗りました。
列車のように充電器コンセントが上についています。
席に着くや否や、充電をしながら、しっかり盗難対策をしながら
寝ています。こういう所、インド人好きやなー

metr1o.jpg

スポンサーサイト
アーユルベーダマッサージAbhiyangam
近所に、本格的なアーユルベーダセンターKairali があります。
こんなところに!?と思うような場所にあり、きっと知っている人は少ないのでは。。

kailari.jpg


よく、日本人の方に、いいアーユルベーダセンターあれば紹介してくださいと聞かれるのですが、
なかなかいい所ないです。メリディアンの5つ星ホテルにあるスパを勧めたり?当たり障りのない場所を
ご紹介します。


そして、このKairaliへアーユルベーダマッサージAbhiyangam(全身マッサージ)を体験してきました。
結果から言うと、一般的な日本人には勧められない(笑)
理由は、“ものすごく本格的過ぎて“、、、

雑というか、本場過ぎます。説明とかないし、渡されたフンドシと布をどう巻いていいか分からないし、
よくあるマッサージ用の木の板は、超本格的。二人の施術しに、ものすごい勢いで、擦られ、完全にまな板の上の鯉でした。
強くこすられる旅に、ぺらーとしたフンドシがずれて、それを、時たま直してくれるのも、恥ずかしいし。

オリッサにあったアーユルベーダセンターを思い出しました。
マッサージ後に、スチームの出る箱の中の椅子に座って、顔だけ出すのですが、
後ろを見ると、大きな圧力なべのスチームにホースが繋がっていました。

今回もマッサージ後にスチーム箱に座りましたが、同じようなスチームの出る装置でしたが、
それは、圧力鍋のバージョンアップしたもので、安心しました(笑)

アーユルベーダのマッサージって、正直、良く分かりません。
一言でいえば、雑。。。中国やタイようような、細かい所をわかってマッサージしてくれているのか。
あんなに、大きな範囲で、力強く、擦ったら、そりゃ、つぼや経絡?にあたるだろうけど、
無駄な動きもありそうな気がします。
あくまで個人の見解ですが。

アーユルベーダは、生命の医学で、マッサージだけでなく、病気になるのを防ぐ目的で、
食育とか、行き方そのものの提案なので、もちろん、素晴らしいものなんでしょう。
マッサージもきっと、理論とか詳しくしっていたら、納得する事が多いのでしょうね。


インド人化?アイロン編
インド人化?

インド人と長く生活あるあると思うのですが、
こちらの人は、プラグとか平気で裸のまま使いますよね。

さて、私のアイロンのコンセント部分が、インド人家族によって壊されました(故意でないけどw)
私:きれぎみに、「どうやって使うのさー」と言うと、



ironcode.jpg


普通に、「長いラインは使わず、短いの2本ね!」という返事。
そして、私も普通に、短い裸の線2本をそのまま、左右にプラグに差し込む。。
確かに普通に使えちゃうんだけど、
こういう感覚は日本にはないですよねーーー。


というか、日本では、滅多に壊れないと思う。

ストーブが2台壊れたままで、この冬中、ベットの下で眠っていました。
“カバリ“という廃品回収のおじさんが毎日、”カバーリ“”カバー――リ“と家じゅうを
まわりながらやってきます。
カバリのおじさんに、壊れたストーブがいくらになるか、聞くと、
プラスティックだからねえーーーと言い、重さ1.5㎏で30ルピー(60円くらい)にしかなりませんでした。

騙されたのかしら。。。???
新聞や雑誌は、結構いい値段になるんだけど。。








アシッド入手超容易
アシッドアッタクって最近になり、よく耳にする言葉です。

「男性優位で女性の立場が弱い地域で起こりやすいドメスティックバイオレンスである場合が多い」とありますが、
インドでもよくニュースで目や耳にします。
夫や男性から酸を顔にかけられて、顔が見る影もなくなってしまっている画像を見ると、本当に
胸が痛みます。

さて、家の20Mほど離れた所に、新しい八百屋が出来ました。
最近、家のまわりは、建設ラッシュで、八百屋ラッシュでもあります。
4畳ほどの八百屋に16か月の息子と入ると、
息子は、下に並べてある、トマトやら、ししとうやら、おくらやらを、嬉しそうに、”ボールボール!”と
さわっています。見るもの全てを、ボールというのです。。大丈夫かしら。。

さてさて、棚の一番下に、20本くらいかな、ボトルに入った透明の液を見つけては、嬉しそうに、ボトルを倒しはじめました。
洗剤だと思い込んでいた私は、気にもせず、野菜を選んでいました。

あとで、直せばいいかあと思っていたのですが、
別の客が、あぶないよーって店の人に注意!
なんと、そのボトルたちは、酸でした


昔、トイレの黄ばみが取れないので、店の人にいいのはないかと聞いて、その洗剤をトイレにかけると、
ものすごく真っ白になりました。おーすげーと喜んでいたのですが、後で聞くと、それは、酸そのものだったらしいです。
インドでは、酸は本当に、超超簡単に入手できるものです。

しかし、それを顔にかけると、一瞬にしてその人の人生は台無しになります。
インドって本当に恐ろしい。。



デリーに春♪
今年もサボテンに花が咲きました♪
ほこりだらけのデリーの家で、生き残っているのはこのサボテンだけ。
インドに10年滞在した韓国人にもらったこのサボテンは毎年、春になるとかわいらしい花をつけます。

今年は、ホーリーが3月2日でまだまだですが、すでに外は春です。
家の中はまだまだ冬ですが。。

IMG_2177.jpg


ところで、隣に引っ越してきた、同じオディッシーダンサーのアタシさんが、ついに、
出て行ってしまいました。彼女が同居していた女の子もいつの間にか、バンガロールに帰ってしまったらしく、
彼女は、また一人になってしまったようです。。

疲れ切った彼女。馬車馬のように、目の前にある仕事をやっつけているような人生に見えます。。。
インドももう希望がないから、カナダかオーストラリアに行きたいと漏らす彼女。。


男勝りで、ばりばり働く彼女の人生もインドでは、確かに独り身は辛そうです。
でも、それは、どの国でも同じでしょうね。。