FC2ブログ
プロフィール

Kaori Naka

Author:Kaori Naka
東インド古典舞踊オディッシーダンサー。オディッシーの中でも日本ではめずらしいデバプラサッドダスステイルを継承しています。
インド首都、デリー在住です。

仲 香織の詳しいプロフィール&
クラス情報を知りたい方はホームページを御覧下さい。→→→Debadhara HP

公演やWSのお知らせ→→→→HP Debadhara Yoga&Odissi

カテゴリ

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Debadhara OdissiのBlog
・・・・・デリー在住の日本人インド舞踊家のたわいのない話。東インド古典舞踊やヨガ、おススメイベントや、日々の事をつづっています・・・・・・    ・・・たまに役立つインド情報満載!・・・    
11/3 Kokoka Open Day@京都国際交流会館Kokoka
無事終了★
opendaypicture.jpg

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ステージ-看板(館内・円形共通)2020

11/3に京都市国際交流会館Kokokaのオープンデイで踊らせて頂きます。
国際色豊かなイベントです。
司会は、われらのチャイトゥー♪

演目
Ganesha Tandava
Saveri Pallavi
Sthai Takedha
Moksha

今回は男性のデバダーラメンバーも出演させて頂きます♪
男性は体も大きいし、やはり見栄えがいい!!
どうぞお楽しみに♪



スポンサーサイト



インドの写真の美しさに震える。。。12/6インド曼荼羅公演@奈良
写真は全て井川弘美さんの作品です。(無断転載は何卒ご遠慮下さいませ)


この画像とバーンスリーの笛の音色。想像しただけで震えます。
インドの美を感じる公演になっています。

DSCN4258.jpg
DSCN2893.jpg
DSCN2812.jpg
DSCN1412.jpg
DSCN0887.jpg
DSCN0780.jpg
DSCN0031.jpg
DSCF5696.jpg
DSCF3608.jpg



「インド曼荼羅-Dance-Flute- Yoga -Picture-Poem」
日時:12月6日(日)
場所:奈良市音声館 
古典舞踊オディッシー&横笛バーンスリーとヨガデモンストレーション、美しい詩とインドの写真満載の愛すべきインドいっぱいの公演です。

アーティスト:
■インド古典舞踊:デバダーラオディッシー
■バーンスリー(横笛): gumi
■ヨガデモンストレーション:Pushpa(かわちゃん)
■インドの写真&詩の朗読:井川弘美


*井川弘美 プロフィール 
声優・俳優を引退後サルサなどのラテンダンス一般のダンサー及びインストラクターを経て、
渡印後に仲香織氏に師事しインド舞踊を始め帰国後の現在に至る。
写真は野鳥やインド風景など多岐にわたる。








公演の詳細はこちら。
http://debadhara.com/wp/?p=1928


thumbnail_インド曼荼羅-表(2020-1016-0054)
thumbnail_インド曼荼羅-裏(2020-1016-0054)


ついにインドに戻る予定が決まりました。
5月に臨時便で日本に退避してからは、日本に滞在させて頂いておりましたが、
ついにインドに帰るスケジュールを決めました。1月9日です!
それまでは、12月6日のイベントに一生懸命に取り組みます。

thumbnail_インド曼荼羅-表(2020-1016-0054)

やっぱり美味しいダルバート食堂@谷町四丁目
大阪でヨガクラスを受けた後、また行ってしまった。ダルバート食堂。
本当に美味しいと思う。

darbartshokudou.jpg

ネパール料理はインド料理に比べて、煮込みが長いのか?
本当にとろとろで、ダールが本当に美味しい。
家庭の味!って感じ。
若いネパール人のメイドが作ってくれたごはんも、とろとろでした。
そして、塩味が強かった。きっと、本場のネパール料理はもう少し塩味が強いんでしょうね。



そして、また発酵大根アチャールを仕込みました。
これも本当に大好きな味です。
daikon.jpg

大根を干してからスパイスを混ぜて、オイル漬けをします。
数日経つと発酵が進み、酸味が出てきます。
カシミールのアチャールも干してから漬けますので似ているかもしれませんが、
カシミールのアチャールはチリを沢山入れ、コリアンダー粒とかガーリックとか入れますが、
ネパールのこちらのアチャールは結構シンプルです。違う点は、フェヌグリークをオイルで焦がすまで
焼いてから入れるらしいです。


あと、前回、ダルバート食堂で食べて、あ、これは苦手だっと思ったスパイス、
ティムルというもの。ネパールの山椒とよべれているらしいです。初めて食べた時、ダメかもと
思ったのですが、2回目食べた時、すごくおいしく感じて、、癖になる味ですね。




12/6(日)インド曼荼羅 公演@奈良市音声館
インドの感染拡大をうけ、日本に退避して早5か月経ちました。
暫く、何もする気がおこらず、ヨガばかりしていた日々でしたが、これでは行けないと、
(すごく勉強になり幸せを噛み締めていますが、やはり表現しなければ、、という思いです)

自分を奮い立たせて、公演を企画させて頂きました。
イベントの案内をさせて頂こうと連絡先を見ていると、よく考えたら、日本で自主公演はいつぶりか。。
本当に皆様ご無沙汰しております。

コロナ感染症が収まりを見せない現状で、たくさんの不安はございますが、
当日窓口を設けない(完全振込)、通常よりも座席数を減らす、消毒の徹底など、万全の注意を払っての公演となります。
また、お越し下さる方も、是非、万全の対策をしてお楽しみください。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。




お支払いされてからのキャンセルは出来ません。
発熱されて、来れないとなっても、返金は出来ません。悪しからずご了承下さい。
++++++++++++++++++++++++

thumbnail_インド曼荼羅-表(2020-1016-0054)
thumbnail_インド曼荼羅-裏(2020-1016-0054)

インド曼荼羅-Dance-Flute- Yoga -Picture-Poem
古典舞踊オディッシー&横笛バーンスリーとヨガデモンストレーション、
美しい詩とインドの写真満載の愛すべきインドいっぱいの公演です。

アーティスト:
■インド古典舞踊:デバダーラオディッシー
■バーンスリー(横笛): gumi
■ヨガデモンストレーション:Pushpa(かわちゃん)
■インドの写真&詩の朗読:井川弘美


日時:12月6日(日)
場所:奈良市音声館   〒630-8335 奈良市鳴川町32-1 0742-27-7700
アクセス:http://onjokan.city.nara.nara.jp/access.html

◆問い合わせ&予約:debadhara@live.jp 07083108389・09061195121
入場料:2000円 
主催:Debadhara Yoga&Odissi

【銀行振り込み】 
三井住友銀行 支店:平城支店 普通口座
名義人:ナカカオリ 口座番号:564355

【ゆうちょ】
口座名義:ナカカオリ 口座番号:14550-01859941

*感染症対策の為、通常より座席数を減らしています。当日窓口はございませんので、メールか電話にて、
御名前、電話番号、購入枚数連絡の上、御振込下さい。入金確認後に入場番号をご連絡させて頂きます。
全席自由席(番号順にご入場) *当日、どうしても振込が間に合わない方も一度ご連絡下さい。
37.5度以上の熱や風邪症状がある方はご遠慮下さい。マスク着用、咳エチケット、会場における手指消毒の
徹底をお願い致します。



アーティストプロフィール

■インド古典舞踊 オディッシー
Debadhara Yoga & Odissi
代表の仲香織は、インドのデリー在住。日印での活動メンバーにより構成された東インド古典舞踊オディッシーグループ。
インド全土、2012年世界遺産元興寺奉納、2013年デリー主催 2014年台湾、2016年デリー、その他マレーシア、
シンガポールにて公演など精力的に活動の幅を広げている。HP【http://www.debadhara.com】

Member:
*仲香織、神谷暁子、飯塚南、村上愛(dance) 
*久保田律子(dance) 
2009年より舞踊を学び、国内40公演以上のほか、2度のインド公演及び台湾公演等数々の舞台経験を積む。
2014年には奈良市民フェスティバルに於いて奈良市長賞及び舞踊部門賞を受賞。現在、舞踊家仲香織氏及び
村上幸子氏両氏の指導を受け研鑽に励む。

*井川弘美(dance, picture, poem) 
声優・俳優を引退後サルサなどのラテンダンス一般のダンサー及びインストラクターを経て、渡印後に仲香織氏に
師事しインド舞踊を始め帰国後の現在に至る。
写真は野鳥やインド風景など多岐にわたる。



■インド横笛バーンスリー
gumi 
2006年より毎年渡印し、バラナシにてインド古典声楽やバーンスリー(横笛)をはじめる。様々な師から技を学びつつ、
2012年よりバーンスリーの家元Pt.Ajay Prasanna氏からバーンスリーを師事。近年は「音楽も自分も生命の織り成す
おかげさまの関係の一部」をモットーに、瞑想を深め、暮らしを大切にし、「繋がっている」音楽を深く探求中。
2018年から2年間、世界最大級のヨガフェスIYF(リシケシ)で「Voice&Chakra Work」、バーンスリー の2つクラスを担当。
2019年 出雲大社にて奉納演奏、2019年 天河弁財天社にてDaphne Tseらと出演。
CD作品リリース 多数


■ヨガデモンストレーション
Pushpa(かわちゃん)

20代前半、ひょんな事からヨーガに出会いもっと勉強してみたい気持ちと海外への憧れもありインド一人旅へ。
インド旅が自分の心模様を見つめるきっかけとなり、思い通りにいかない旅先の中で尊敬する師・友人・旦那との
出会いもありそれ以来インドが大好き。
今も行ける時にインドに通いインドの文化に触れながらヨーガを勉強している。
現在、大阪府守口市にあるヨガスタジオ・YOGA GANGAを主催。
https://www.yoga-ganga.com/


何でも経験!マジパン恐竜♪
ついに、息子が4歳になりましたーーー。
早い。確かに魔の3歳が終わりました。
4歳は悪魔か天使か。。笑

さて、1歳、2歳、3歳と工夫に工夫を重ねてデリーで手作りのケーキを
つくってきましたが、今年は、日本に居ますので、オーダーしました。立体ケーキというのが、
どんなものか、興味があり、注文してみました。
(最近、息子は、恐竜にハマりまくっていますので。プレゼントは全て恐竜関係でした)



どーーーうですか???


kaijyuu.jpg

立体ケーキはサンプルがいるというので、小さなフィギアを買いました。
しかし、恐竜そのまんまなので、色は単色になり、ケーキ届いてから、ちょっと残念。。
恐竜キングというのにハマっているようで、それに出てくるトリケラトップスは黄色というのは、
覚えていたので、「黄色にしてください。あ!でも、カラフルにして下さい。例えば目は黒とか!」
と言ったら、本当に目だけが黒になっていました(笑)


あー。カラフルにすれば良かった。
なんでも経験ですね。やってみないと分かりません。
しかし、すごい精巧につくられたマジパン恐竜。
凄い。。。



バーンスリー演奏者のgumiさんと♪@ガラムマサラ、京都
gumi_prof - Copy



■インド横笛バーンスリー
gumi 
2006年より毎年渡印し、バラナシにてインド古典声楽やバーンスリー(横笛)をはじめる。様々な師から技を学びつつ、2012年よりバーンスリーの家元Pt.Ajay Prasanna氏からバーンスリーを師事。近年は「音楽も自分も生命の織り成すおかげさまの関係の一部」をモットーに、瞑想を深め、暮らしを大切にし、「繋がっている」音楽を深く探求中。
2018年から2年間、世界最大級のヨガフェスIYF(リシケシ)で「Voice&Chakra Work」、バーンスリー の2つクラスを担当。
2019年 出雲大社にて奉納演奏、2019年 天河弁財天社にてDaphne Tseらと出演。
CD作品リリース 多数
https://www.gumi-bansuri.com/



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月6日に公演@奈良を企画しております!!
インド曼荼羅-Dance-Flute- Yoga -Picture-Poem
古典舞踊オディッシー&横笛バーンスリーとヨガデモンストレーション、美しい詩と
インドの写真満載の愛すべきインドの多様性あふれる公演です。



詳細は後程💛

withgumi.jpg

素敵なグミさんとご一緒させて頂きます。
とっても光栄でうれしいですねーーー。
素敵な公演になるように、企画ネリネり。
乞うご期待ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!




おまけ♪
ちなみ、昨日は、京都の美味しいカレー屋さん「ガラムマサラ」さんへお邪魔致しました。
やっぱ、美味しいカレーはいいな。まずいカレーは食べたくないよ。
女性のオーナーですが、インドで料理修行をされたそうです。
ガラムマサラの効いた、美味しいインドカレーでした。
合掌。








夜中に知らないインド人からTEL
昨晩、夜中に知らない着信がワッツアップから入りました。
WhatsAppはLineみたいな感じのアプリですが、インドではめちゃくちゃポピュラーです。

電話に出ると、知らないインド人。
「Paytmで9000ルピー振り込んでしまった」
「間違いだった!」

って、あー、間違い電話か詐欺かなと思ったので、、とりあえず、「間違い電話でーす」と
切ろうとしたら、結構真剣な感じで、
「間違いじゃないんだーー!電話番号が1桁違っていたんだよーー涙」
結構普通に英語話せる人だし、一生懸命さが伝わりました。


paytm.jpg

Paytmとは、日本のペイペイみたいな感じ?
こちらもかなりインドではポピュラーで、電話番号と銀行口座をリンクしてあり、
開設までには、担当者が、家に来て、面接されるなど、割と厳しいセキュリティーを通過しなければなりません。
インド人は、お菓子1つ買うのにも、最近は、現金持たず、このPaytmを利用しています。
モディの政策の一環で、インドのマイナンバーカードが作られてから、急激にこの電子マネーがインドに普及しました。

さて、9000ルピー。インド人の生活レベルにもよりますが、結構田舎だと、ひと月の家賃くらい、
都会だと、まあ、日本くらいの感覚ですが、1万5千円くらいの割と大きな金額です。
絶対、うそでしょと思ったけど、自分のネットバンキングから口座詳細を見てみると、
確かに、謎の9000ルピーの入金(笑)


「あんた、ラッキーだよ!」


と連発して、9000ルピーを返却しました。
ほんと、間違えて振り込まれたのが、正直な平凡な日本人でよかったですよね★