プロフィール

Kaori Naka

Author:Kaori Naka
東インド古典舞踊オディッシーダンサー。オディッシーの中でも日本ではめずらしいデバプラサッドダスステイルを継承しています。
インド首都、デリー在住です。

仲 香織の詳しいプロフィール&
クラス情報を知りたい方はホームページを御覧下さい。→→→Debadhara HP

公演やWSのお知らせ→→→→HP Debadhara Yoga&Odissi

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Debadhara OdissiのBlog
・・・・・デリー在住の日本人インド舞踊家のたわいのない話。東インド古典舞踊やヨガ、おススメイベントや、日々の事をつづっています・・・・・・    ・・・たまに役立つインド情報満載!・・・    
行ってきました・・・お堂でみる阿修羅
興福寺へ阿修羅を見てきました。あまり興味がなかったのだけど、DURGAの勉強してたら、「アスラ」という悪魔が出てきて、アスラって阿修羅かな?と思ったら、つながったので、すごくうれしくなりました。

憂いのある顔。争いを二度とおこさないようにという願いが込められて、この静かなお顔がうまれた
らしい。へえ~。少年のようなお顔でしたね。

◆Wikipediaから引用。

アスラ(असुर)とは、インド神話・バラモン教・ヒンドゥー教における神族または魔族の総称。ペルシャにおけるアフラ・マズダー。

本来、リグ・ヴェーダに見られるように、古代インドにおいてアスラは悪役的な要素はなく、デーヴァ神族の王インドラに敵対することもある天空神・司法神ヴァルナの眷属を指していたが、その暗黒的・呪術的な側面が次第に強調されるようになり、時代が下った古代インドではアスラを悪として扱うようになる。「アスラはア(a=非)・スラ(sura=生)である」という俗語源説もこの転回を支持するものだった。
インド神話がバラモン教からヒンドゥー教へと発展し、シヴァ・ヴィシュヌが新しく主神となると、アスラはヴァルナの眷属という設定が薄くなる。そのうち、デーヴァ族に敵対する種族であれば何でもアスラと呼ばれるようになった。
アスラが仏教に取り込まれそれが中国に伝わると、漢字を当てて「阿修羅」と表記されるようになった。また、中国において「阿」の文字が子供を呼ぶときの接頭辞(日本でいう「~ちゃん」に該当する)と同じ表現であることからか、「修羅」とも呼ばれる。


もう一つ、気になったのは、カッパの顔をした像!一人だけ、人間の顔でなく、どうみてもカッパ~と
思ってあとで、調べてみると、なんとこれは、ガルーダらしい。迦楼羅(かるら=ガルーダ)。ヴィシュヌ神の乗り物とされている。

おもしろ~い!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
仏像
え、見たことなかったんだね、興福寺阿修羅像。
日本でも最も美しい仏教彫刻の一つだよ。

中宮寺の弥勒菩薩像はみたことある?
あれが日本で一番美しい仏像彫刻かも。
韓国にも同型の仏像が国立博物館にあるけど、木の柔らかさが、個人的には日本のほうが魅力的に思えるけどね。

ガルーダの出自は原典訳マハーバーラタ1にあるから
読んでみると面白いよ。
【2009/10/28 02:17】 URL | NAOTO #- [ 編集]

そうそう。
奈良出身だものも。もちろん見た事あったよ~。家にも、大きく引き伸ばした写真があったりさ~。その頃は、景色でした。でも、物心つく前につれてもらってだけだし、今、インド舞踊で踊り始めてからの見方とはずいぶん違うもの。きっとあの頃も、「カッパ」としか思わなかったと思うわ。。。

弥勒菩薩も見たよ。
基本的に仏像は、ふ~ん。。って感じだけど、繊細なものは、惹きつけられるよね。
マハバ^ラタも読んだよ。面白いと思えない所が、悲しい私の未熟さ。
でも、身近に見たものとか、触れたものがあると
感動とか印象に残りやすいよね。最近、仏像のムドラとか、フォームとか気になってしょうがないわ。
【2009/10/28 05:52】 URL | KAORI #oqkPALJc [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://odissi.blog87.fc2.com/tb.php/144-af2e4f61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)