FC2ブログ
プロフィール

Kaori Naka

Author:Kaori Naka
東インド古典舞踊オディッシーダンサー。オディッシーの中でも日本ではめずらしいデバプラサッドダスステイルを継承しています。
インド首都、デリー在住です。

仲 香織の詳しいプロフィール&
クラス情報を知りたい方はホームページを御覧下さい。→→→Debadhara HP

公演やWSのお知らせ→→→→HP Debadhara Yoga&Odissi

カテゴリ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Debadhara OdissiのBlog
・・・・・デリー在住の日本人インド舞踊家のたわいのない話。東インド古典舞踊やヨガ、おススメイベントや、日々の事をつづっています・・・・・・    ・・・たまに役立つインド情報満載!・・・    
9/28 シュベンドラ・ラオ&タイ・バーホー@永運院
シュベンドラ・ラオ&タイ・バーホー
JapanTour'11 インドクラシック音楽コンサート


ラヴィ・シャンカール、ザキール・フセイン 
巨匠の流れを汲むアーティストが奏でる至福のインド古典音楽!

[日時] 2011年9月28日
OPEN PM 18:30
START PM 19:00

[会場] 永運院(Eiunin-temple)
(京都市左京区黒谷町33)

[出演] シュベンドラ・ラオ(シタール奏者)
    タイ・バーホー(タブラ奏者)

[料金]
前売(Adv) \ 3,500
当日(At door)\ 4,000
学生(student)\ 2,000(お申込みが必要です)

[チケットの購入・お申込み]
下記チケット取り扱い店にて直接お買い求め頂くか、
インド音楽ガナパティ(TEL 090-2091-9324,MAIL yoyaku@live.jp)にお問い合わせ下さい

[**チケット取り扱い店**]
・民族楽器コイズミ http://www.koizumigakki.com/(京都市中京区寺町御池下がる518番地 075-231-3052)
・Natural food Village http://village-padma.jugem.jp/ (京都市左京区一乗寺築田町95 第一メゾン白河202 075-712-3372)※天下一品総本店の建物の2Fです
・八百勘 http://yaokan1982.exblog.jp/ (京都市東山区鞘町通り正面下る上堀詰町290 075-525-1330)
・uskabard http://www.uskabard.com/ (京都市北区紫野下鳥田町35番地 075-201-8501)


●総合お問い合わせ●
インド音楽ガナパティ
TEL  090-2091-9324
MAIL yoyaku@live.jp


出演者プロフィール
シュベンドラ・ラオ(シタール奏者)
今最も活躍が期待される作曲家であり演奏家であるシュベンドラ・ラオは、インドでもシタールソロ奏者として高く評価され、世界各地でも彼の音色は異文化間の音楽の架け橋として知られている。
 「シュベンドラの音楽は五感に訴えかけるだけではなく、魂をつかみ揺さぶる。」(2000年2月4日ニューデリー紙『The Hindu』)
 世界的に有名なシタールの巨匠ラヴィ・シャンカールの愛弟子として幼少より教えを受け、その継承者として師の伝統を確実に受け継ぎ、そして試行錯誤と進化を続け彼ならではのスタイルを確立している。
 数々の世界中の主要音楽フェスティバルや一流コンサートホールで演奏を重ねる。これまでに、ニューヨークのブロードウェイやカーネギーホール、イギリスのWOMADフェスティバル、オーストラリアのシドニーオペラハウス、南アメリカ芸術祭、フランスのパリ市立劇場、インドのドーバーレーン音楽祭など出演多数。2007年には人気番組Zeeテレビネットワークにより「古典音楽における若手最優秀賞」に輝いた。
公式ウェブサイト http://www.shubhendrarao.com/

タイ・バーホー(タブラ奏者)
1990年に世界的タブラの巨匠ザキール・フセインの門下生となり、音楽を生涯の職業として、そしてスピリチュアルな道としてタブラに打ち込み、ザキール・フセインの愛弟子として師の素晴らしい演奏に鼓舞され、タブラという楽器に新しい活躍の場を広げる。
柔軟性に富みメロディアスな演奏をするタブラ奏者として知られ、喜びを沸きあがらせるステージパフォーマンスが魅力。
インドの伝統的な音楽を学び、インド伝統音楽の伴奏者として世界中をツアーをする一方で、タブラを使い様々な文化の音楽と独特なコラボレーションをすることで注目されている。タブラ奏者として活躍するだけでなく、ライブコンサートのプロデューサーや、レコーディングプロデューサーとしての幅広い活動も行い、最近ではアカデミー賞を受賞したドキュメンタリー映画「ボーン・イントゥ・ボロセルズ(未来を写した子供たち)」のサウンドトラックを担当。これらの経験から、2004年に「ターラレコーズ」を立ち上げ、現在5枚のCDをリリース。
公式ウェブサイト http://www.tyburhoe.com/
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://odissi.blog87.fc2.com/tb.php/345-a6693720
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)