プロフィール

Kaori Naka

Author:Kaori Naka
東インド古典舞踊オディッシーダンサー。オディッシーの中でも日本ではめずらしいデバプラサッドダスステイルを継承しています。
インド首都、デリー在住です。

仲 香織の詳しいプロフィール&
クラス情報を知りたい方はホームページを御覧下さい。→→→Debadhara HP

公演やWSのお知らせ→→→→HP Debadhara Yoga&Odissi

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Debadhara OdissiのBlog
・・・・・デリー在住の日本人インド舞踊家のたわいのない話。東インド古典舞踊やヨガ、おススメイベントや、日々の事をつづっています・・・・・・    ・・・たまに役立つインド情報満載!・・・    
インドみたいな体験談
インドみたいな体験でした。
2月に渡印を決意したのと同時に、レーシックを受けることを決意したのでした。
何度か、前にも、レーシックを受けようかなあと思ったことがあったけど、
レーシック難民という言葉もよく耳にするし、怖くて、波のように、「やりたい」「やっぱやめよう」が
わいたり、消えたりしていたけれども、今回、もうやってしまいました。


理由は、本当に、インドでコンタクトがとても辛いという事。
「インドで目に虫がわく事件」以来、
「コンタクトするなら、清潔!」という事がどんなに大切かを身にしみました。
そして、インドでうけた灼熱の紫外線の浴びすぎで、私の目は、コンタクトをして、
紫外線をあびると、すぐに充血してしまうという後遺症に苦しむようになってしまったのでした。
お医者さんには、コンタクトをしないでーサングラスをして下さいーと言われていました。


手術はそりゃ、おそろしかったです。
イメージでは、目玉をだすような装置で目がぐりっとされ、フラップとかいう
ぺラッとしたものが見え、はがされ、それから、花火でした。どばーと目が涙でどばー。
それから、またぺらーとしたものが、“へら”のようなもので、ペタペタ。ペタペタ。ペタペタ。

左目もそれをしたら、はい。もう終わり。薬の説明されて、はい終わり。
あまりにもあっけない手術で、技術の進歩に逆におそろしさを感じましたね。
しかし、この宇宙のような異空間の手術空間は、インドみたいでした。
さて、今日、翌朝、目にまだ異物感があります。「インドで目に虫がわく事件」でも、2週間くらいは、
目に異物感がありましたので、それくらいは、傷?がなおるまでかかるんでしょうか。。


分かりませんが、視力はコンタクトしていた以上に見えています。
とりあえず、おわった。ご報告★






ちなみに、私が受けたのは、アイレーシックという手術方法で、術前は、両目とも0・08でした。
今の視力は、右1.2 左1.5でしょう。
神戸神奈川アイクリニックで受けました。綺麗なクリニックでした。今の所は悪い印象はありませんが、
これで、もし何かあった時の「対応」が真のクリニックの体制が現れるのでしょうねえ。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://odissi.blog87.fc2.com/tb.php/535-bc2a8d34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)