プロフィール

Kaori Naka

Author:Kaori Naka
東インド古典舞踊オディッシーダンサー。オディッシーの中でも日本ではめずらしいデバプラサッドダスステイルを継承しています。
インド首都、デリー在住です。

仲 香織の詳しいプロフィール&
クラス情報を知りたい方はホームページを御覧下さい。→→→Debadhara HP

公演やWSのお知らせ→→→→HP Debadhara Yoga&Odissi

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Debadhara OdissiのBlog
・・・・・デリー在住の日本人インド舞踊家のたわいのない話。東インド古典舞踊やヨガ、おススメイベントや、日々の事をつづっています・・・・・・    ・・・たまに役立つインド情報満載!・・・    
ポータブルハーモニアム
踊りに欠かせないものと言えば、歌でしょう。

もちろん、マルダラ(両面太鼓)がないと全然成立しないし、
シタールとか笛とかバイオリンとかマンジーラとか
きりがないですが、歌は確実に踊りの要素の一つですね。




harmonium1.jpg



画像は、ハーモニアムです。
アコーディオンとピアノの合体って感じの楽器でしょうか。
ちなみに、音階は、ドレミ・・ではなくて、サレガマパダニサなのです。
しかも、「レ」は、インド人特有の下をまく「レ」だし、「ダ」も、Dha で、Daではない。


つまり、ヒンディー語(オリヤ語もすべて、サンスクリットと言えばいいのか)特有の
息を出しながら言う「ダァ!」なのです。日本語にはない音なので、これでヒンディー語に
挫折する人もいるくらいですが、まあ、慣れれば、難しくないです。


しかし、こんな基本の音階がそんなに難しいなんて、インド声楽、ハードルが高いです~(笑)



harmonium2.jpg

上の画像は、ポータブルハーモニアムになった所です♪
鍵盤ががたっと2段から1段になって、ボックス型になります。
日本とインドを行き来できるようにと、カルカタにわざわざオーダーしてもらったのです。
「7キロ以内でつくれるよ!」という言葉を信じて、つくってもらったけど、
出来上がったポータブルは片手でひーこら言わないと持てないくらい、重いものになってしまいました(涙)
15キロくらいあるのでは。。


さてさて、長い事、日本においてあったこのハーモニアムは、今回の渡印こそは、インドへ
持っていくつもりです。なぜなら、グルジの持っている古いハーモニアムは、
古すぎて、前回、鍵盤が全部うきはじめて、クラスの毎回15分くらいは、鍵盤直しに
時間を費やされていったのでした。
紙をちぎって、おって、鍵盤の隙間に入れて、うきをなおす。。
しかし、音がずれまくっているのです。



よっしゃー頑張って持っていくぞ~~~!!! ふう。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://odissi.blog87.fc2.com/tb.php/560-cbc63221
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)