プロフィール

Kaori Naka

Author:Kaori Naka
東インド古典舞踊オディッシーダンサー。オディッシーの中でも日本ではめずらしいデバプラサッドダスステイルを継承しています。
インド首都、デリー在住です。

仲 香織の詳しいプロフィール&
クラス情報を知りたい方はホームページを御覧下さい。→→→Debadhara HP

公演やWSのお知らせ→→→→HP Debadhara Yoga&Odissi

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Debadhara OdissiのBlog
・・・・・デリー在住の日本人インド舞踊家のたわいのない話。東インド古典舞踊やヨガ、おススメイベントや、日々の事をつづっています・・・・・・    ・・・たまに役立つインド情報満載!・・・    
中国針デビュー
実は、デリーから戻って来て、非常に調子が悪かったです。。
デリーでの公演以降、左半分の調子がずっと悪く、目のいらいら、首の寝違え、肩のはり、腰の痛さ
ホルモンのバランスが悪いような調子の悪さ、
そして、咳が半端ないくらいでて、喉がつぶれてしまっていました。。


日本に戻って来て、マッサージやら、お灸やら、色々試みました。
しかし、これでも全然もとへ戻らないぞという事で、ついに、中国針デビューしました★



かなり昔に、カナダで、ルームメイトの男の子で、テニスのプロを目指している人がいました。
彼が、中国針の痛さを熱弁していたのが、ずっと私の恐怖の根っこにあったのでした。
「のたうちまわるくらい」の痛さらしい。「すごく長い太い針」と聞いていました。

しかし、私が試したのは、そういうのではなく、日本の針くらいの短い針でした。
しかし、太いです。そして、のたうちまわる程でもなかったのでずが、やはり、ちょっと痛かった。。(涙)


日本の針よりもずいぶん痛いという印象でした。特に足。。蜂に何度もさされた事のある私ですが、
蜂並みに痛かったです。しかし、蜂は突然の驚きがある「びっくりの痛さ」で、中国針は、来るぞ来るぞの「恐怖の痛さ」があると思いました。また、針をさしたまま、10分放置とかは、今までにないものでした。
(そういう日本針もあると思いますが)また、針を抜く時に、さらに深く入れるながら抜くような
響きが半端ない感じでした。。。(ぎょぎょぎょ)


先生が、「気が身体の途中でとまっているから、左の首、目、肩、腰が痛いのよ」
そして、「今日は、はじめてだから、左の頭あたりが重くなると思う」という事でしたが、
その夜、たしかに、首、えらあたりが、はれているようになりました。
先生は、日本人ですが、何故か、強い中国語訛りのある、(中国で長く修業された?)
かなり信ぴょう性のある方でした(ぎょぎょぎょ)



中国針は、日本の針よりも、速効性があるような気がします。
5月は中国針を続けようと思います。また報告します。






スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://odissi.blog87.fc2.com/tb.php/583-06833946
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)