プロフィール

Kaori Naka

Author:Kaori Naka
東インド古典舞踊オディッシーダンサー。オディッシーの中でも日本ではめずらしいデバプラサッドダスステイルを継承しています。
インド首都、デリー在住です。

仲 香織の詳しいプロフィール&
クラス情報を知りたい方はホームページを御覧下さい。→→→Debadhara HP

公演やWSのお知らせ→→→→HP Debadhara Yoga&Odissi

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Debadhara OdissiのBlog
・・・・・デリー在住の日本人インド舞踊家のたわいのない話。東インド古典舞踊やヨガ、おススメイベントや、日々の事をつづっています・・・・・・    ・・・たまに役立つインド情報満載!・・・    
タイ①マッサージ&ルーシーダットン
なんと、15年ぶりのタイ旅でした。
バンコクは旅の拠点だから、15年ぶりという訳ではないけど。。

インドでの外国人登録も無事に終えたし、しばらく旅もできないだろうからという事で
本当に何の目的もない旅は久しぶりだ!


バンコクの旅の基本、カオサンロードへ来たけど、どうして、白人はあんなにもタトゥーが好きなの?!
あまり、バンコクに魅力を感じなかったため、すぐさま、その足でチェンマイへの夜行列車にのりました!

タイの列車はきれい!きれい!
そして、微笑みの国にやってきたって感じしました。
おじいちゃん、おばあちゃんの笑顔がステキなこと!
幸せになっちゃうよね~~


そして、15年ぶりのチェンマイ!
すごーく田舎なイメージだったのに、すごーくこじゃれた街になっていました。
chaingnaioshare.jpg
chaingnai.jpg

このまま、さらに北にいって、15年前には行けなかったミャンマーへ行こうかなと思っていたけど、
なんか、少し山の方のお寺を見に行くだけで、乗り物酔いしてしまう自分に嫌気がさし、
きっと、これ以上山には行けない!と思い、超居心地の良いチェンマイに滞在することにしました。
おしゃれなカフェで、おいしいタイ料理なんて、食べていたら、
ルーシーダットンの学校情報が。

ルーシーダットンはタイのヨガです。
もちろん、ヨガはインドから来たものですが、こちらは、そのヨガの聖人の体を癒すために
つくられたものらしいです。以前から興味があったし、よし、この機会に勉強!という事で、
勉強しました!そして資格の修了書ももらいました!!
(なんて、簡単な。。。日本だったらきっと何十万ってするような資格でしょうね。。)

ルーシーダットンの感想は、
「大変興味深い」ですね。たぶん、とても深い思想があるものだと思います。
あまり難しいものはないけど、ひとつひとつのポーズがなかなか、面白いです
たとえば、「性器にきくポーズ」が結構たくさんあり、肛門をしめたします。
もちろん、これはインドのヨガにもありますが、結構真髄をついたポーズが多い気がします。
また、タイマッサージと組み合わせたようなものがあり、つぼを押しながら体をひねるとか、
そういうのが多々ありました。タイ人は「気にしない~」というのが口癖のようで、そういう国民性なのか、
きっと、もっと深い追及と思想があったもよさそうなものも、適当こに、やりやすいようにすればいいさーという感じで、
さらっと流してしまう感じで、少し、もったいないなーというのが正直な感想でした。 じき
言いたいことは、もっと有名になってもいいぐらい魅力的なルーシーダットンでした。


このルーシーダットンを勉強した学校はかなり日本人にも有名なようで、
基本はタイマッサージの学校でした。
タイマッサージもすごい深い思想があるんですね。あまり知りませんでした。
バンコク式とチェンマイ式があるらしいです。チェンマイ式の方が、古式でその型数が多いそうです。
しかし習得が困難なことから、通常、巷で行われているものや広まっているものは、簡略化したバンコク式らしいです。

これは、チェンマイ式を自ら体験しなければ!とこの学校でマッサージを受けさせてもらいました。
なんと、校長じきじきにマッサージを施術してもらいました!
やっぱ、上手かったです。

この方にルーシーダットンを習っていただけあり、信頼度もあったので、
すごく深いところまでマッサージが届いてきたと感じました。
また、右と左のマッサージの仕方が時々ことなって、ものすごい数のマッサージの引き出しがあるんだろうなーと
思いました。ものすごい深い所まで入るので、普段だったら、怖くて、無理ー!とやめてもらうところを
受け入れてやってもらったので、未体験な感じで、いやー面白かったです。


木槌でとんとんする、トクセンというマッサージも体験しました。
マッサージってやっぱり面白いですよねー
インドでも、もっと安くていいマッサージが気軽に受けられたらいいのにーと心底思いました。




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://odissi.blog87.fc2.com/tb.php/659-3b0ea171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)