プロフィール

Kaori Naka

Author:Kaori Naka
東インド古典舞踊オディッシーダンサー。オディッシーの中でも日本ではめずらしいデバプラサッドダスステイルを継承しています。
インド首都、デリー在住です。

仲 香織の詳しいプロフィール&
クラス情報を知りたい方はホームページを御覧下さい。→→→Debadhara HP

公演やWSのお知らせ→→→→HP Debadhara Yoga&Odissi

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Debadhara OdissiのBlog
・・・・・デリー在住の日本人インド舞踊家のたわいのない話。東インド古典舞踊やヨガ、おススメイベントや、日々の事をつづっています・・・・・・    ・・・たまに役立つインド情報満載!・・・    
Odissi(オリッシー、オディッシー)とは 
Odissi(オリッシー、オディッシー)とは (編集:星野あかね)




東インドのオリッサ州(オディッシャ州)で、ジャガンナート神への捧げものとして寺院で生まれ継承されてきた踊りを発祥とする古典舞踊。寺院彫刻が生命を吹き込まれたような印象から「生きた彫刻」「動く彫刻」などと表現されることもある舞踊である。


手足を四角く広げた力強い「チョウコ」という形と、首・腰・ひざの3か所を曲げるしなやかな「トリバンギ」という形を基礎として動きが形成される。力強く男性的なステップとは対照的に、柔らかく女性的な上半身の動きで空間を表現する。また、独特の胴部分の動きも特徴的である。


目や手先の細かい動きや豊かな感情表現を使い、叙情的な音楽に乗せて、インド神話の世界を踊りで紡いでいく。


銀のジュエリー、タヒヤとよばれる白い頭飾り、オリッサ州特産のかすりのサリーで仕立てられた衣装などの装飾品もオリッシーの特徴である。








Odissiのスタイル






紀元前2世紀頃にその起源をもつと言われるこの踊りは、紀元後12世紀頃にはヒンドゥー寺院の巫女舞として有名になり、イギリス統治後は寺院の外で、少年が女装して踊るアクロバティックな踊りに形を変えた。様々な理由で一時衰退の危機もあったが、1950年頃に偉大な3人の舞踊家たちによって復興され、世界的にも有名な古典舞踊として体系化されることになる。そのため、現在ではその3人の舞踊家たちの名前がそのままスタイルとしての概念で見なされる。



Guru Kelucharan Mohapatra (グル・ケルチャラン・モハパトラ)


Guru Debaprasad Das (グル・デバプラサッド・ダス)


Guru Pankaj Charan Das(グル・パンカジ・チャラン・ダス)



現在では、同じスタイルでも学校や師匠によって個性はそれぞれでスタイルは多様化され、今なお発展を続けている。











ケルチャラン・モハパトラ スタイルについて



上半身の曲線的に流れるような動き、そして胴部分(トルソ)を左右前後に動かすことを多分に用いて独特の優雅さを醸し出す。複雑で入り組んだステップと、指先や目の動きに至るまで細かく理論づけられた、細密で完成度の高いポーズや動きも特徴。静と動が散りばめられた数多くの作品は世界中のダンサーによっていまなお踊られている。
叙事詩「ギータ・ゴヴィンダ」をもとに作られたアビナヤ(感情表現)の作品郡では、その奥深く複雑な世界観が美しく具体化され、心の内面で激しく燃えるような感情表現で紡がれていく。








デバプラサッド・ダス スタイルについて


流れるような動きはもちろん、トライバル(部族)、フォーク(民族)をより取り入れて構築されたスタイル。オリッサ州のフォークダンスから取り入れられた“サブダスワラパータ”はこのスタイルの大きな特徴である。サブダ(言葉の音)に合わせて、説明的にポーズを見せたり、リズミカルに踊ったりする部分のことである。早口言葉のようなサブダに合わせて踊るこの“サブダスワラパータ”がリズムに命を吹き込むように存在し、このスタイルにおいて、踊り全体のスパイスとなっている。曲調がかわり、急に踊りが激しくなったりするのも魅力である。シンプルな物語構成と豊かな顔の表情も特徴。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://odissi.blog87.fc2.com/tb.php/760-8c864704
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)