プロフィール

Kaori Naka

Author:Kaori Naka
東インド古典舞踊オディッシーダンサー。オディッシーの中でも日本ではめずらしいデバプラサッドダスステイルを継承しています。
インド首都、デリー在住です。

仲 香織の詳しいプロフィール&
クラス情報を知りたい方はホームページを御覧下さい。→→→Debadhara HP

公演やWSのお知らせ→→→→HP Debadhara Yoga&Odissi

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Debadhara OdissiのBlog
・・・・・デリー在住の日本人インド舞踊家のたわいのない話。東インド古典舞踊やヨガ、おススメイベントや、日々の事をつづっています・・・・・・    ・・・たまに役立つインド情報満載!・・・    
インド人家族と同居するという事
10年前にデリーで踊り留学をしていた時、デリーのインド人家族の1部屋を間借りしていました
(それが、実は現在の旦那様家族になる。。)

その時は、“留学=いずれ日本に帰るから今の状況は一時的な事“ という意識が強かったので、どんな境遇でも楽しめました。
まあ、若かったという事もありますし、踊りを学びたい!という意欲に燃えていたので、他のことは全く気にならなかったという事もありますし、インド留学=貧乏生活 という覚悟があったという事もありました。
また、ヒンディー語が当時は片言くらいしかできなかったし、そもそも、同居しているインド人達はヒンディー語を話していないし、
彼らの会話に興味がなかったし、大して関わらなくても、日々、自分の事で忙しくしていたし、間借りしている立場であったので、
自分の領域と彼らの領域は別という意識が強かったです。

さて、今、こどもが産まれ、またまた、同じインド人家族と同居生活が始まっています。
10年前にこの状況を誰が想像できたか。。

もちろん同居状態は、ずっとではないのですが、産まれる1ヶ月くらい前から、
いつ産まれるか!いつ産まれるか!
と皆待ちわびてくれて、一人増え、二人増え、という感じで、家の中の人口密度がどんどん濃くなってきました(苦笑)
そして、ついに産まれ、自分のこどもがとられちゃうんじゃないかという思うくらい、皆、赤ちゃんを世話したくてたまらないようです。


正直、最初の1-2週間は超ストレスでした。
文化の違いをひしひしと今更ながら感じ、例えば、産まれたての赤ちゃんに
“ウェルカム”目的で、はちみつを唇につける風習があるらしいのですが、
義理母さんがはちみちのビンを嬉しそうに開けているのを見たときに、

「駄目ー!!絶対駄目ー!!」

と怒ってしまいました。唇にちょこっとつけるだけだよ。。。。と言われても、
そのちょこっとでもし何かあったら、、、と思って断固として拒否しました。

これは、一つの例ですが、それ以外でも、色々、育児方法について、私がネットや本から学ぶ事とは異なる事が多く、
ただでさえ、育児に慣れない事だらけなのに、それは大きなストレスとなりました。

まあ、ストレスはもちろん今も度々感じて行き詰まる事もあるのだろうけど、しかし、ネットで色々、検索すると、
それは文化の違いではなく、世代の違いや姑嫁問題で、よくある話と気づきました(笑)

今、ストレス以上に、たくさんのベビーシッターに囲まれて、“なんて、楽===!”
という事に気づきました。本当に色々な事をしてくれるし、こどもを3人も育てた義理母さんだから、あやし方とか寝かしつけ方とか上手だし、そして、親戚一料理が上手いという従兄弟とのおばさんが、毎日、本当に色々な料理をつくって私に提供してくれます。
通常はオイルやスパイスだらけの彼らのインド料理ですが、私の為だけに、チキンと野菜のスープを毎日つくってくれたり、
超薄味のカレーをつくってくれたり、本当に至れり尽くせりです。

これを感謝せずに文句言ってたらあかん。。
これがインド文化の良さかなーと実感しています。
もちろん度々、いらーーとする事もあるんだけど、完全に日本流に育てるというのは、
私の中では、自分のエゴのような気がしていますので、色々とインド流にあきらめ、受け入れ、流れにまかせ、
ジュガル精神で行かないと行けないですね。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://odissi.blog87.fc2.com/tb.php/873-316a452d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)