プロフィール

Kaori Naka

Author:Kaori Naka
東インド古典舞踊オディッシーダンサー。オディッシーの中でも日本ではめずらしいデバプラサッドダスステイルを継承しています。
インド首都、デリー在住です。

仲 香織の詳しいプロフィール&
クラス情報を知りたい方はホームページを御覧下さい。→→→Debadhara HP

公演やWSのお知らせ→→→→HP Debadhara Yoga&Odissi

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Debadhara OdissiのBlog
・・・・・デリー在住の日本人インド舞踊家のたわいのない話。東インド古典舞踊やヨガ、おススメイベントや、日々の事をつづっています・・・・・・    ・・・たまに役立つインド情報満載!・・・    
インドで美味しいアイス屋さん
インドのアイスは基本的にどれも美味しいです。
乳製品は間違いなくフレッシュ。牛は神様。神様からの贈物のミルクはとってもインドでは重要な
欠かせない産物です。

と思っていたのですが、最近、とーーーーてもおいしいアイスクリーム屋を発見しました。
本当に美味しくて、人気の店 ナチュラルズ

IMG_0038.jpg


原材料は、果物と砂糖だけらしいです。
よくあるようなチョコレートとかバニラとかキャラメル何とかとか、そういうメニューは一切ないのです。
メニューは、マンゴーとか、パパイヤとか、ココナッツとか、ガヴァとか、季節のフルーツです。
さらに、マライ。 これはすごく美味しくてお勧め。

マライは、牛乳を煮詰めてできるものだと思うのですが、
マライのアイスは、昔、自分で手作りしたような、本当にシンプルな牛乳の味です。
でも、もちろん、なめらかなアイスに仕上がっています。

季節のフルーツは、種類は本当に少ないのですが、
どれもとっても美味しくて、おおーーーーインドもここまで来たか!と思っちゃいました。

店の内装も清潔感があり、イマドキで、シンプルです。

ますます健康志向の高まるデリーです!
オーガニックの店も色々と増え、インドの変化のスピードは凄まじいです。。




4/7 The Inner Path- Film Festival で踊らせていただきました
The Inner Path Film Festivalのオープニングで踊らせていただきました♪
場所は、Alliance Française Delhiという、フランスカルチャーセンターのような場所です。
仏教系の映画祭の開催の踊りで、とても光栄でした。

innerpeace1.jpg

今回、オディッシーではなく、チベットダンス、ダキニダンスを踊らせていただきました。
そして、全く知らないダンサーと、2日間のリハーサルをして、一緒に踊るという初体験をさせて頂きました。
(私のソロダンスの前と途中に、彼女たちとのグループダンスが入りました)
彼女たちは、コンテンポラリーダンサーで、ものすごく覚えも早く、頭もよく、本当にとても貴重な経験でした。


そして、また、私の人生で面白い経験が増えました(笑い)
日本人映画監督の通訳です。。。
これは、また今度詳細書かせていただきますーー 
innerpeace.jpg

デリーはもう夏です
ホーリーの春の祝う御祭りの後に、毎年のごとく、ぐっと突然暑くなります。
ホーリーは水を入れた水風船を投げられたり、色粉をつけられたり、男どもはぐでんぐでんに酔ったりと
結構迷惑な御祭りですが、それでも、寒い冬が明け、春を祝う御祭りなので、自然と許せちゃう、明るい御祭りです。

もちろん、綺麗な服を着ているときに、水風船を投げられた時は、
落ちている石を手につかんで、こどもたちを全力で追いかけた経験もありますが。。
holi.jpg

本当に、デリーはもう夏!暑い!
これから、長い熱い熱い夏のはじまりです。
そろそろエアコンをつけないと寝苦しくなってきます。


久しぶりのデリーの最初の踊りの先生に会いました。
相変わらず気さくで綺麗なカビッタ先生です。
ちょうど習っていた頃、カビッタさんは息子さんを産んですぐくらいで、自分の息子と同じくらいで、
あれから10年。何か、感慨深いなあと思いました。
kavitaji.gif

写真は、デリーのジャガンナート寺院です。
どんどん綺麗になっちゃって、中に、リフトやカフェまで、つくられちゃいました。
びっくりです。




祝♪私のヒンディー語の先生の本
私のデリーでのヒンディー語の先生でもあり、ベストフレンドだった、韓国人のサンが、
韓国で、ついに、ヒンディー語の勉強本を出しました!!!


IMG-20170310-WA0000.jpg

タイトルは↓
Composition and Translation Practice
HINDI to KOREAN and KOREAN to HINDI

やったね


彼女は10年ヒンディー語をインドで勉強し、ヒンディー語文学だったか言語だったかで、ネルー大学で
ドクターを終了したのでした。

すごい。。

同じ年で、飾らない彼女が大好きでした♪
彼女がデリーを去って、韓国に帰ってからは、本当に、さみしかったですねー。

韓国に戻って、色々、ストラグルしたと思いますが、こうやって、今までやってきた事が、形になっているのが本当に、
リスペクト!!!
大学でもヒンディー語を教えています。
韓国ではヒンディー語学科は、ソウルとプサン(彼女はプサンの人)の2校しかないらしく、
なかなか、教授のポストは空かないみたいですが、頑張って欲しいと心から応援します
インドの野菜
インドの野菜は結構種類が豊富です。
緑の葉物たちも、日本では手に入らないものもたくさんあるし、
名前もしらないものをたくさんあります。

new veg

名前は知っていたけど、日本で食べた事がなかった野菜の中では、ビーツがあります。
砂糖大根の一種らしいですが、こちらでは、日常的に手に入りますし、ビーツジュースなんかも、超安く
路上で飲めます。

しかし、慣れていない野菜をさっさっと調理するのは結構、ハードルが高かった。。
そんなとき、イタリア人の友達(よく家に泊まっている)が、ビーツをゆでたり、そのままサラダにしたりと
手際よく調理しているのを見て、そうなんだーー!!といっきに身近な野菜に変身しました♪
(ゆでたら、本当に甘いし、生でも、しゃきしゃきしていて、美味しい♪
しかし、トイレにそのまま、このカラフルな色が出ます。。(笑 きっと母乳にも出るんじゃねー)

その他の野菜としては、パクチー
こちらでは、ダニヤ(コリヤンダー)といいます。
こちらでは、野菜を買ったら、チリとセットで、無料でついてきます。
入れてくれないと、みんな、文句言います(笑)

日本では、東南アジア料理についてくるくらいだけど、
こっちは、やっぱり、毎日、どこでも、結構入れます。カレーにもサラダにも!
美味しいですよーー